ハーレー・ダビッドソンが「CHANGE YOUR STYLE」カスタムキャンペーン 2020 を実施

   
CHANGE YOUR CAMPAIGN 2020 HARLEY DAVIDSON
この記事は約3分で読めます。

ハーレーダビッドソンでは、旧モデルの販売促進のため、定期的にキャンペーンが行われる。

 

私も、2019年の春に、2018年モデルのソフテイルを買ったのだが、そのときは、

 

2018年モデルのSOFTAIL限定!
300,000円分のパーツ&アクセサリーサポート

 

というキャンペーンが行われていた。

 

ちなみに、まだ、大型自動二輪の免許がない人は、「PASSPORT TO FREEDOM(パスポートtoフリーダム)」という免許取得サポート(最大10万円)も、おそらく併用できるので、興味がある人は、ディーラーで確認してみることをオススメする。

 

ハーレーダビッドソン が PASSPORT TO FREEDOM(パスポートtoフリーダム)2020年 受付開始!【対象期間やサポートの流れ】

   

2020 CHANGE YOUR STYLE CAMPAIGN

ハーレーダビッドソンの正規ディーラーでは、

 

2020 “CHANGE YOUR STYLE” CAMPAIGN

Touring, Trike, Softail 2019 年モデル カスタムサポートキャンペーン

 

を開催している。

 

対象となるのは、2019年モデルの新車で、かつ、下記の3つのファミリーのみとなっている。

 

つまり、「Sportster(スポーツスター)」ファミリーと、「H-D STREET(ストリート)」ファミリーは、キャンペーンの対象外となる。

対象車種

・Softail (ソフテイル)ファミリー
・Touring(ツーリング)ファミリー
・Trike(トライク)ファミリー

キャンペーン内容

ツーリングファミリー・トライクファミリーを購入の場合

25万円(税抜き)相当の純正パーツ&アクセサリーを進呈

ソフテイルファミリーを購入の場合

20万円(税抜き)相当の純正パーツ&アクセサリーを進呈

キャンペーン期間

2020年1月16日 〜 2020年3月31日

おわりに

ハーレーを買って、ノーマルのまま乗る人も、いるかもしれないが、たいていの人は、カスタマイズしたくなる。

 

ソフテイル・ファミリーのほとんどは、車重が300Kgを軽く超えるので、立ちごけが心配な人は、始めだけでも、エンジンガードをつけたほうが安心だと思う。(ツーリング・ファミリーには、標準で装備)

 

また、ハーレーに乗り始めると、おそらく、マフラーエアクリーナーも交換したくなることだろう。

 

はっきり言ってしまうと、

ハーレーは、買ってからも、かなりお金がかかるバイク

だ。

 

そのため、どうせ新車でハーレーを買うなら、このようなキャンペーンは、有効に利用した方がいいと思う。

 

大幅にモデルチェンジが行われた年でなければ、前年のモデルでも、最新のモデルでも、タンクのロゴデザインや、カラーリングなどを除けば、スペック的には、ほぼ一緒だ。

 

ブレイクアウト」などのソフテイルファミリーや、「ストリートグライド」などのツーリングファミリーを検討している人は、「2020 CHANGE YOUR STYLE CAMPAIGN」を利用すれば、初期のライトカスタマイズ費用がまかなえるので、お得に新車を購入することができる。

 

ただし、ソフテイルで復活した「ローライダーS」が欲しい人は、残念ながら、2020年モデルしかないので、このキャンペーンを使うことはできない。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました