ハーレーダビッドソン が PASSPORT TO FREEDOM(パスポートtoフリーダム)2020年 受付開始!【対象期間やサポートの流れ】

   
passport-to-freedom-2020 MOTORCYCLE LICENSE
この記事は約6分で読めます。

ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社は、今年(2020年)も、大型二輪免許取得を考えるライダーを支援する独自プログラム「PASSPORT TO FREEDOM(パスポートtoフリーダム)」の受付を、全国のハーレーダビッドソン正規ディーラーにて開始した。

 

「パスポートtoフリーダム」の利用者は、近年、継続して1,000人を超えているようだ。

 

私も昨年(2019年)に、実際に「パスポートtoフリーダム」を利用させてもらった。

   

PASSPORT TO FREEDOM(パスポートtoフリーダム) 2020年 対象期間

「パスポートtoフリーダム」は、期間中に、大型自動二輪免許(MT)を取得(教習所を卒業)し、対象期間内に正規ディーラーで、2020年モデル以前の新車を成約、納車した人に、免許取得費用として、最大10万円がサポートされるというプログラムだ。

 

トライクを購入の場合は、大型二輪MT免許取得者及び、普通自動車(MT)免許取得者も対象となる。

 

「パスポートtoフリーダム」2020年の対象期間は、

 

2020年1月16日 〜 2020年9月30日

 

となっている。

PASSPORT TO FREEDOM(パスポートtoフリーダム) の流れ

「パスポートtoフリーダム」で、実際の最大10万円がサポートされる流れとしては、

 

現金で10万円が戻ってくるのではなく、ハーレーの正規ディーラーで、新車の成約時に、免許費用サポートとして、見積もりから最大10万円分が値引きされる

 

という流れになる。

 

WEB上では、「パスポートtoフリーダム」の 申し込みフォームが用意されているが、実際には、ハーレーを購入予定の正規ディーラーへ行って、「パスポートtoフリーダム」を利用したい旨を伝えればOKだと思う。

 

しかし、これは、私の場合がそうだったというだけなので、心配な人は、下記の申し込みフォームから、申し込みを行っておけば、確実だろう。

 

「パスポートtoフリーダム」申し込みフォーム

   

PASSPORT TO FREEDOM(パスポートtoフリーダム) サポート対象

2020年1月16日(木)以降に大型自動二輪MT免許を新規で取得し、2020年モデル以前の新車を9月30日(水)までに、ご成約かつ納車いただける方。

トライク購入の場合、大型二輪MT免許取得者及び、普通自動車(MT)免許取得者も対象。

※ハーレーダビッドソン パートナー教習所以外の教習所で免許を取得された方は、7万円のサポートになります。

出典:https://freedom.harley-davidson.com/ja_JP-Passport-to-Freedom

パートナー教習所限定サポート

ハーレーダビッドソン正規ディーラーを通じて、ハーレーダビッドソンとパートナーシップを結んでいる教習所に、免許取得サポートとして3万円をサポートしています。

対象教習所については、パートナー教習所検索または、ハーレーダビッドソン正規ディーラーにてご確認ください。

他キャンペーンとの併用については、ハーレーダビッドソン正規ディーラーにお問い合わせください。

https://freedom.harley-davidson.com/ja_JP-Passport-to-Freedom

   

PASSPORT TO FREEDOM(パスポートtoフリーダム) まとめ

少しだけ分かりづらいのだが、「パスポートtoフリーダム」は、

 

1. 期間内に大型自動二輪MT免許を新規で取得し、新車を成約・納車 ⇒ 7万円
2. ハーレーダビッドソンとパートナーシップを結んでいる教習所で免許を取得 ⇒ 3万円

 

そして、

 

1と2の双方を満たした場合は、合計10万円の値引き

 

という仕組みになっている。

 

PASSPORT TO FREEDOM

 

「パスポートtoフリーダム」は、

 

成約が先で、免許取得後に納車

 

という流れでも、まったく問題ない。

   

2019年の人気モデルは?

ちなみに、昨年(2019年)の「パスポートtoフリーダム」利用者が、最も多く購入したモデルは「Iron 1200(アイアン1200)」だったそうだ。

このモデルは、キムタクが所有しているモデルと一緒だ。

 

IRON1200

Iron 1200

 

【関連記事】

工藤静香 とキムタクのハーレーは?【どちらもスポーツスターの2018年モデル?】

パートナー教習所

納車までの乗れない間は、初期のライトカスタムをしながら、それを糧に、大変な教習所ライフを乗り切って欲しい。

 

まずは、新車を購入する予定の、ハーレーの正規ディーラーへ行って、どこがパートナー教習所になっているのかを、確認することから始めてみよう。

 

パートナー教習所は、複数みつかるとかもしれないで、その中から、どこの教習所に通うのかを選ぶことになる。

 

パートナー教習所検索

   

正規ディーラー選び

ハーレーの正規ディーラーは、少し距離を広げると、住んでいる場所によっては、複数の正規ディーラーを見つけることができる。

 

各ディーラーは、それぞれ、経営母体が違うので、ディーラーによって、雰囲気やサービスが異なる。(複数のディーラーを運営している会社もある)

 

そのため、「家から最も近いから」という理由だけで、ディーラー選びをするのではなく、いくつかのディーラーを回って、いちばん、自分に合いそうなディーラーを選んだほうがいいと思う。

 

あまりないかと思うが、売ることばかり考えているようなディーラーではなく、親身になって相談に乗ってくれるディーラー、カスタムが得意なディーラーなど、買ったあとのことまで考えて、ディーラー選びをしよう。

おわりに

大型自動二輪の免許がない人にとっては、おそらく、大型自動二輪免許取得が、間違いなく、ハーレーライフの第一歩となる。

 

なぜなら、普通自動二輪免許で乗ることのできるハーレーは、存在しないからだ。

 

そのため、ハーレーに乗るためには、必然的に、大型自動二輪免許が必要となる。

 

問題は、現行の新車のなかに、自分が乗りたいハーレーがあるかどうかだ。

 

はじめから、中古の旧車を狙っている人にとっては、「パスポートtoフリーダム」を利用することはできない。

 

しかし、古いハーレーよりも、現行の新車に魅力を感じる人にとっては、「パスポートtoフリーダム」はありがたいサポートプログラムだ。

 

なにはともあれ、まずは、いちど、ハーレーの正規ディーラーへ行ってみよう!

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました