ハーレーに半ヘル(ハーフヘルメット)とサングラスで久しぶりに乗った感想

   
HARLEY DAVIDSON HELMET
この記事は約4分で読めます。

季節は梅雨ということで、ぐずついた天気が続いている。

 

しかも、雨が降っていても、降っていなくても湿度が高く、かなり蒸し暑い。

 

こんなときは、車に乗ってエアコンをかけたほうが快適だ。

 

しかし、外気温が25度を超える季節は、都市部では寒さの心配をする必要はないい。

 

つまり、どんな格好でもバイクに乗れるのだ。

   

ハーフヘルメット+サングラス

雨上がりの夕方に、少しだけ出かける用事があり、あらかた道路も乾いていたので、車ではなくハーレーに乗って行くことにした。

 

ときどき乗ってあげないと、バッテリーが心配だ。

 

また、疲れているときには、ネイキッドには乗る気がしない。

 

目的地までは、20分くらいしかかからない距離だ。

 

ということで、久しぶりに半ヘル(ハーフヘルメット)+調光サングラスでハーレーに乗ってきた。

走行風が半端ない!

少し前までは、ハーレーでも、Z-7(フルフェイスヘルメット)をかぶっていたので、あまりの違いに驚いた。

 

これまで、よくこんなヘルメットで、峠を走ったりしていたものだ。

 

シールドがないので当たり前だが、走行風が半端ない。

 

ほぼノーヘルに近い。

 

そして、サングラスの中にも、風がバンバン入ってくるので、目を見開いていることが難しい。

 

あたかも、モザイク画像を見ようとするような、目の使い方が求められる。

   

顔が痛い!

半ヘル(ハーフヘルメット)+調光サングラスの場合、顔の大部分が露出しているので、虫やら何やらが、顔に当たって痛い。

 

暖かい季節にフルフェイスをかぶっていると、シールドやその周辺が、ぶつかって潰れた虫だらけになる。

 

また、硬いものがぶつかった場合だと、キズになっている。

 

それらが、すべて顔にぶつかるのだ。

 

そして、それらを避けることは難しいので、時々、飛んでくる飛び石が、顔に当たらないことを祈るしかない。

高速はやめておこう!

速度的には、法定速度+αくらいまでなら、なんとかなるが、それ以上となると、気分は、台風の中で、暴風雨に耐えながら中継をしている人のようなイメージだ。

 

乗っている

というより、

耐えている

と言ったほうが、体感的には近いような気がする。

 

じつは昨年、この半ヘル(ハーフヘルメット)+調光サングラスで、高速道路にも乗ったのだが、今では考えられない。

 

ハーレーの中でも、大きなフェアリングやウインドシールドがついているモデルの場合、風が逃げてくれるので、まだマシだと思う。

 

しかし、フロントになにもついていないモデルでは、やはり、半ヘル(ハーフヘルメット)で高速走行はおすすめできない。

   

おわりに

昨年は、免許を取ったばかりで、ハーレーにしか乗っていなかった。

 

「バイクに乗るとはこういうものか⁉」

 

と、夏場は、半ヘル(ハーフヘルメット)+調光サングラスで、あたりまえのようにハーレーに乗っていた。

 

ファッション業界では、「オシャレは我慢だ!」みたいな言葉もあるが、ハーレー乗りはそんなイメージで、半ヘル(ハーフヘルメット)+サングラスでハーレーに乗るのだろうか。

 

しかし、暑い時期に、法定速度くらいの速度で、ゆっくり無理せずにハーレーに乗るぶんには、半ヘル(ハーフヘルメット)+サングラスもいいかもしれない。

 

なぜ、そう思うのかといえば、私は、今ではブルターレもあるので、敢えてハーレーで飛ばす必要がなくなったからだ。

 

ときには、気楽にのんびり走るのもいいものだ。

 

ただし、顔にいろいろ飛んでくるので、痛い思いをすることもあるので、その点は気をつける必要がある。

 

実際には、気をつけようがないのだが…

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました