ソフテイル ・ファミリーの特徴・名前の由来・ラインアップ【2019年モデル】

Haley-Davidson HARLEY DAVIDSON
この記事は約5分で読めます。

ハーレー・ダビッドソンには、さまざまなシリーズ(ファミリー)がある。

 

ハーレー・ダビッドソンの2019年モデルは、

・STREET®
・SPORTSTER®
・SOFTAIL®
・TOURING
・TRAIKE
・CVO™

という構成になっている。

 

【関連記事】

ハーレー・ダビッドソンのファミリー・ラインナップ【2019年モデル】

ハーレー・ダビッドソンのファミリー・ラインナップ【2019年モデル】
ひとくちに「ハーレー・ダビッドソン」と言っても、多くの「シリーズ(ファミリー)」や「ラインナップ」がある。 さらには、「モデル」もその年によって違う。 これらは、ハーレー初心者にとっては、ちょっと分かりづらいので、軽く整...

 

そのなかから今回は、「ソフテイル・ファミリー」について取り上げる。

   

ソフテイル・ファミリー

ソフテイル・ファミリー」は、いかにもアメリカンといったスタイルで、ハーレーダビッドソンのなかでも、「ツーリング・ファミリー」と並んで、圧倒的な人気を誇っている。

ソフテイル・ファミリーの特徴

「ソフテイル・ファミリー」は、

リアサスペンションが見えない「リジット風スタイル」

が最大の特徴だ。

 

エンジンについては、

2017年モデル以前は、「ツインカム」エンジンだったが、2017年モデル以降は、新型エンジンの「ミルウォーキーエイト」となっている。

 

また、2018年モデル以降、「ダイナ・ファミリー」が姿を消し、「ソフテイル・ファミリー」に統合されている。

ソフテイルの名前の由来

その昔、ハーレーには、サスペンションがなかった

このタイプを「Rigid(リジッド)」という。

 

「Rigid(リジット)」とは、日本語で「硬い」という意味だ。

「リジット(硬い)」タイプは、「ハード・テイル」とも言われていた。

 

次第に、ハーレーにも、サスペンションが搭載されるようになった。

 

しかし、サスペンションがないフレームは、美しく見えることから、80年代前半には、

サスペンションを取り外すカスタム(リジッド化)

が大流行した。

 

この流行を取り入れたハーレー社は、

サスペンションを見えないよう取り付ける「リジッド」風スタイル

を採用した。

 

それはまさに、

「古き良きスタイル」と「現代的な乗り味」との両立

といえる。

 

古き良き「ハード・テイル」スタイルに対して、サスペンションのある、ソフトな現代的な乗り味は、「ソフト・テイル」スタイルと呼べる。

 

ハーレー社は、この新フレームに、「ソフト・テイル」をもじって、「ソフテイル」という名前を与えた。

 

これが「ソフテイル」の名前の由来である。

   

ソフテイル・ファミリー ラインアップ【2019年モデル】

2019年モデルの「ソフテイル・ファミリー」

2019年モデルの「ソフテイル・ファミリー」のラインナップは、以下の通り。
・STREET BOB®
・LOW RIDER®
・FAT BOB®
・SOFTAIL SLIM®
・SPORT GLIDE®
・FAT BOY™
・DELUXE
・BREAKOUT®
・HERITAGE CLASSIC
・FXDR™ 114

ソフテイル・ファミリーのエンジン

2019年モデルの「ソフテイル・ファミリー」のエンジンは、

「空冷4ストロークOHV 2バルブ V型2気筒」の「ミルウォーキーエイト」。

 

「ソフテイル・ファミリー」全車種に、107キュービックインチ(1745cc)搭載モデルをラインアップしている。

 

BREAKOUT®、HERITAGE CLASSIC、FAT BOY™、FAT BOB® の4車種には、114キュービックインチ(1868cc)のモデルも用意されている。

 

ちなみに、これらの8モデルのエンジンには、新しい デュアルカウンターバランサー が組み込まれている。

   

おわりに

2018年モデル以降、「ダイナ・ファミリー」がなくなってしまったので、「ダイナ・ファミリー」が好きだった人にとっては、基本的には、「ソフテイル・ファミリー」が新車で買えるハーレーの候補になる。

 

個人的には、「ソフテイル・ファミリー」のなかでも、

・FAT BOY™
・DELUXE
・BREAKOUT®
・HERITAGE CLASSIC

あたりが、有力候補になっている。

関連記事

それまで、バイクには、まったく興味のなかった私が、ある日、突然、国道脇のショップで、あるバイクに心を奪われてしまった。

 

私が、心を奪われたのは、

Harley-Davidson SOFTAIL®BREAKOUT®(2018年モデル)

だった。

 

そのあたりの経緯は、こちらの記事で書いている。

Hello! Haley-Davidson

Hello! Haley-Davidson
これまで40年以上、生きてきて、バイクというものに興味を持ったことは、一度もなかった。 思えば、祖母から、 「危ないから、バイクだけは乗らないで欲しい」 と、学生のうちから言われていたので、原チャリにすら乗らずに、...

 

ハーレー・ダビッドソンの2019年モデルのラインナップについては、こちらの記事でまとめている。

ハーレー・ダビッドソンのファミリー・ラインナップ【2019年モデル】

ハーレー・ダビッドソンのファミリー・ラインナップ【2019年モデル】
ひとくちに「ハーレー・ダビッドソン」と言っても、多くの「シリーズ(ファミリー)」や「ラインナップ」がある。 さらには、「モデル」もその年によって違う。 これらは、ハーレー初心者にとっては、ちょっと分かりづらいので、軽く整...

 

2018年モデルのSOFTAIL®限定!のキャンペーンはこちら。

ハーレー・ダビッドソン 300,000円分のパーツ&アクセサリーサポート【2019】

ハーレー・ダビッドソン 300,000円分のパーツ&アクセサリーサポート【2019】
これを書いているのは、2019年5月初頭のゴールデンウイーク真っ只中だ。 つい先日、「平成」が終わり、「令和」が幕を開けたばかりだ。 この時期、日本国内のハーレー・ダビッドソンのディーラーでは、在庫の「2018年モデル」...
   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました