ハーレー スポーツスターは2020年モデルが最後?【2020年以降は水冷の新モデルが発売予定!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Harley-Davidson HARLEY DAVIDSON
この記事は約5分で読めます。

私は、2019年の5月に、2018年モデルの「HERITAGE CLASSIC(ヘリテージ クラッシック)FLHC 107ci」を契約した。

ハーレー スポーツスター アイアン1200 試乗!【IRON 1200(XL1200NS)】

 

二輪の免許がなかったので、その後、2ヶ月間、ディーラーの倉庫でホコリを被ることになったが、無事に教習所も卒業できたので、もうすぐ納車になる予定だ。すでに納車になっている。

 

しかし、気がつけば、すでに2020年モデルの発表が近づいているらしい。が発表された。

   

BIG SUMMER CLEEARANCE

私が、突然、ハーレーに乗ろうと思いたち、ディーラーに通いだした4月〜5月は、まだ、2019年モデルよりも、2018年モデルのほうが多いくらいだったような気がする。

 

そして、私が教習所を卒業する、ちょうどその頃には、

BIG SUMMER CLEEARANCE 全国先着300台 全2018年モデル 20%OFF 最大100万円 購入サポート

という、2018年モデルの在庫最終処分が発表になった。

 

もしかしたら、このタイミングまで待っていれば、よかったのかもしれない。

どうせ、免許がなかったのだから。

 

「今、買わないと損するよ!」

というディーラーの声は、話半分で聞かないと、損をすることになるかもしれない。

 

ディーラーの人も、どこまでハーレー・ジャパンからの情報を入手しているのか分からないが、仮に少し先のキャンペーン情報まで知っているとしたら…

   

スポーツスターは2020年モデルが最後?

2018年モデルと同様に、2019年モデルも1年後くらいには、お得に買えるようになっていると思うので、焦ることはないと思う。

 

しかし、

2018年モデルから、「ダイナ」ファミリーが「ソフテイル」ファミリーに統合されてしまったように、2021年モデルからは、「スポーツスター」ファミリーの製造が中止になってしまうかもしれない。

 

どうやら、

「スポーツスター」ファミリーは、2020年モデルが最後になってしまう公算が高いようだ。

 

そうなると、話は変わってくる。

もしも、気に入った「スポーツスター」があるなら、買えるうちに買っておくべきだ。

 

安くなることを期待して、ギリギリまで待つのはリスキーだ。

好みのボディカラーの「スポーツスター」が買えなかったら、後悔が残るだろう。

 

また、下手をすると、中古の「スポーツスター」の相場も上昇するかもしれない。

 

あとになってから、「やっぱりダイナはスゴかった!」といっても、もはや「ダイナ」を新車では買うことはできないのと同様に、「スポーツスターは良かったよね!」と、みなが思う頃には、きっと新車では手に入らなくなっているだろう。

 

さらに、中古車がプレミア価格になっていた日には、目も当てられない。

「スポーツスター」の新車を狙っている人は、2020〜2021年モデルの動向に十分注意しよう。

   

追記:スポーツスター2020年モデル

スポーツスターファミリーの2020年モデルが発表された。

ラインナップは、2019年モデルと同様で、以下の通りとなっている。

 

・XL883L SUPERLOW スーパーロー
・XL883N IRON883 アイアン883
・XL1200X Forty-Eight フォーティーエイト
・XL1200C 1200 CUSTOM 1200カスタム
・XL1200CX Roadster ロードスター
・XL1200NS IRON1200 アイアン1200
・XL1200XS Forty-Eight  SPECIAL フォーティーエイト スペシャル

 

なお、スポーツスターファミリーの各2019年モデルの在庫も、まだまだ残っていると思うので、欲しい車種とボディカラーが決まっている人は、早めに行動した方がよさそうだ。

ハーレー スポーツスター アイアン1200 試乗!【IRON 1200(XL1200NS)】

 

ソフテイルファミリー2020年モデルはこちら。

ハーレーダビッドソン2020年モデル発表!【ソフテイルファミリーの動向】

おわりに

「スポーツスター」ファミリーは、今回の2020年モデルが最終となる見込みだ。

 

2020年以降には、水冷モデルの

Pan America1250」、「Custom1250」、「Street Fighter975

などが発売される予定となっている。

 

「ダイナ」の統合を残念に思っている人も多いと思うが、「スポーツスター」までも終了とは…

 

また、電動バイク「ライブワイヤーや、以前、ニュースになった、中国製の「336ccモデル」」など、中型免許(普通自動二輪免許)でも乗れるハーレーの動向も気になる。

 

【追記】ライブワイヤーは大型自動二輪免許?

⇒ LiveWire の免許は普通自動二輪車免許か大型自動二輪車免許か?【改正道路交通法 2019】

 

とにかく、新車で「スポーツスター」が欲しいという人は、買えるうちに買っておいたほうが、後悔が少ないかもしれない。

 

ただし、

「スポーツスター」が、数年後に復活!

なんてことも、十分に考えられるのだが…

 

【ソフテイルファミリーは?】

ハーレーダビッドソン2020年モデル発表!【ソフテイルファミリーの動向】

メッキ仕様の「Heritage Classic 107ci 」は日本で発売されるのか?【ハーレー2020年モデル】

   

コメント

 
 

About Me

HIRO

突然 ハーレーに魅せられてしまった40代。

バイク経験ゼロだったので、大型自動二輪のライセンス取得からのハーレーライフ。

相棒は、VIVID BLACKの HERITAGE CLASSIC(FLHC)2018年モデル。

ブログ収益で、相棒のカスタマイズ費用捻出を企んでいる。

生息地は北関東。求むハーレー仲間!

○ カスタマイズ済
・給排気(マフラー・エアクリーナー)
・EFIチューニング

○ カスタマイズ予定
・シート
・ハンドル
・グリップ
・ミラー
・サイドナンバー化
…ほか

HIROをフォローする
   
 

★ハーレー用の偽物パーツに注意!★

 

近年、ネットで注文して入金したけど商品が届かない偽物が届いたという被害が増えている。

実店舗を持つハーレーパーツのネットショップといえば、横浜のPine Valley(パインバレー)が有名だ。

また、Pine Valley(パインバレー)では、メカニックが技術的なサポートを行っているので、購入後のサポートも充実している。

 

★★ 横浜 ハーレーパーツ・インジェクションチューニングのパインバレー ★★

⇒ Pine Valley(パインバレー)TOPページ

⇒ ハーレーのカスタムパーツを探す

⇒ ハーレー純正パーツを探す

⇒ ハーレーに似合うヘルメットを探す

⇒ バイカーグッズを探す

⇒ ガレージ・メンテナンス用品を探す

⇒ ハーレーのマフラーを探す

⇒ ハーレーエアクリーナーを探す

⇒ インジェクションチューニング(燃調)デバイスを探す

⇒ スマホで燃調!FP3【日本正規品・サポート付】

 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました