ハーレー ミルウォーキーエイト エンジン搭載車種でギヤを入れたままクラッチを切ったときの謎のアイドリング上昇について

   
Milwaukee-Eight EFI TUNING
この記事は約6分で読めます。

ハーレーのマフラーとエアクリーナーを交換して、インジェクションチューニングを行うと、別のハーレーに生まれ変わる。

べつに、これは、大げさに言っているわけではない。

 

誰かが、インジェクションチューニングをしたあとは、

「自分のライディングが上手くなったように感じる」

と言っていたが、本当に、そんな感じがする。

実際に、かなり走りやすくなるのだ。

 

ノーマル状態で満足しているのであれば、無理に行うこともないが、もしも、不満に思っているのなら、思い切ってインジェクションチューニングを行ったほうがいいと思う。

不満足の状態で乗っていても、ストレスが溜まるだけだ。

そして、どうせするなら、早いほうがいい。

 

しかし、そんなインジェクションチューニングだが、私にとっては、ひとつだけ気になる点がある。

今回は、Milwaukee-Eight(ミルウォーキーエイト)エンジン搭載車種で、ギヤを入れたままクラッチを切ったときの、謎のアイドリング上昇について。

   

ミルウォーキーエイト+ディレクトリンク

ハーレーダビットソンは、2007年に全車インジェクションモデルとなった。

2007年というと、エンジンは、TWIN CAM (ツインカム)だった。

 

ということは、ハーレーのインジェクションモデルには、TWIN CAM (ツインカム)エンジンとMilwaukee-Eight(ミルウォーキーエイト)エンジンの2つのモデルがあることになる。

 

しかし、インジェクションモデルのハーレーに、インジェクションチューニングを行ったとしても、TWIN CAM (ツインカム)エンジンと、Milwaukee-Eight(ミルウォーキーエイト)エンジンとでは、結果が多少、異なるようだ。

また、使用するチューニングデバイスや、ベースマップの違いもあるだろう。

 

今回の話は、Milwaukee-Eight(ミルウォーキーエイト)エンジンを、テクノリサーチ社のフラッシュチューナー「ディレクトリンク」を使って、インジェクションチューニングを行った場合限定の話なので、TWIN CAM (ツインカム)エンジンや、他のチューニングデバイスの場合は、対象ではないので、その点には、ご注意を。

ディレクトリンクとは?【テクノリサーチ社のフラッシュチューナー(チューニングデバイス)】

ハーレー純正 スクリーミンイーグル PRO スーパーチューナー

私のハーレーは、2018年モデルのヘリテージクラシック(FLHC)なので、エンジンは、Milwaukee-Eight(ミルウォーキーエイト)107ciだ。

 

ハーレー純正の「スクリーミンイーグル PRO スーパーチューナー」も在庫があったのだが、新しくて安いデバイスのほうが良さそうだったので、テクノリサーチ社のフラッシュチューナー「ディレクトリンク」を使って、インジェクションチューニングを行った。

 

また、「スクリーミンイーグル PRO スーパーチューナー」は、2019年モデル以降のベースマップがない。

 

私のハーレーは2018年モデルだが、あえて「スクリーミンイーグル PRO スーパーチューナー」を使う必要もないと感じたので、「ディレクトリンク」を選んだ。(その方が、安かったし…)

⇒ スクリーミンイーグル PRO スーパーチューナーの在庫を見つけたが…【Screamin’Eagle SUPER TUNER PRO】

   

謎のアイドリング上昇

さて、テクノリサーチ社のフラッシュチューナー「ディレクトリンク」を使って、インジェクションチューニングを行った私のヘリテージクラシック(FLHC)は、別物のハーレーになって戻ってしたのだが、帰り道から、ちょっと気になることがあった。

 

それは、謎のアイドリング上昇だ。

ひとつは、片肺機能が原因だったので、すぐに対処することができた。

 

ハーレー 突然のアイドリング上昇!【アイドリングが「ドコドコ」から「ドドドド」になったときの対処法!】

ハーレーの熱対策・片肺【アイドリングが「ドコドコ」が「ドドドド」に変わる理由】

 

しかし、片肺機能をオフにしてからも、もうひとつの、謎のアイドリング上昇は改善しなかった。

 

もうひとつの、謎のアイドリング上昇は、

ギヤを入れたままクラッチを切ったときに、アイドリングが上昇するという現象だ。

 

もう少し具体的に言うと、2速や1速で、ギヤをニュートラルには入れず、クラッチだけ切るような場面を想像して欲しい。

たいていは、交差点の手前などで、そのような操作をすることがあると思う。

 

ギヤを入れたままクラッチを切ると、一旦はアイドリングが下がるのだが、しばらくすると、1,200回転〜1,250回転くらいまで、突然、アイドリングが上昇する。

 

その状態では、アクセル操作なしで、半クラだけで発進できるくらいだ。

「もしかして、エンストを防止して、スムーズな発進ができるようにするための、余計なお世話的なアシスト機能なのか?」

などと思ってしまう。

   

解決策

Milwaukee-Eight(ミルウォーキーエイト)エンジン搭載車種で、ギヤを入れたままクラッチを切ったときに、謎のアイドリング上昇が起きる現象については、インジェクションチューニングを行ってくれたメカニックにも相談して、多少の微調整らしきものは施してもらった。

 

しかし、結果として、依然として、謎のアイドリング上昇は、なくなっていない。

その後、インジェクションチューニングを行ってくれたメカニックが、その減少について、調べてくれた。

結果は、以下のとおりだった。

 

・他のM-8エンジン搭載車種でも、同様の現象が起こった

・TWIN CAMエンジンでは起こらなかった

・ノーマル状態(チューニング前)でも、同様の現象は起っている

・改善方法は不明(不可能?)

 

つまり、Milwaukee-Eight(ミルウォーキーエイト)エンジン搭載車種では、ノーマル状態から起こっていた現象らしい。(気が付かなかったのだが…)

 

ただし、インジェクションチューニングを行うと、アイドリングの上昇幅が、少し大きくなるらしいので、気になりだしたのだろうということだ。

 

「それって、コントロールできないのか?」

と思うのだが、どうやら、セッテイング可能な範囲を超えているようだ。(なんか釈然としないのだが…)

おわりに

この謎のアイドリング上昇現象は、TWIN CAM (ツインカム)エンジンでは起こらず、Milwaukee-Eight(ミルウォーキーエイト)エンジンだけに起こる現象のようだ。

 

もしかしたら、ECM(エンジンコントロールモジュール)を、社外品(フルコン)に交換してしまえば、コントロールできるかもしれないが、そのためだけにわざわざ交換することはできない。

 

もしかしたら、私の他にも気になっている人もいるかもしれないが、どうやら、そのアイドリング上昇は、セッテイングでは、抑えることができない可能性が高いということだ。

もしも、対処方法を知っている人がいたら、コメントなどで教えてほしい。

 

私なりの対処方法は、

たとえ微妙でも、止まる可能性があるときは、とりあえずニュートラルに入れてしまうことだ。

ニュートラルにさえ入れてしまえば、アイドリングが上昇することはない。

さもなくば、気にしないことだ。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました