ハーレー インジェクション車の給排気系カスタマイズ【チューニングは計画的に!】

   
Harley Davidson PARTS-GEAR
この記事は約4分で読めます。

ハーレーを買ったら、なにはともあれ交換したいパーツといえば、マフラーだ。

 

マフラーを交換すると、

ハーレーがハーレーになる!

 

そのことは、ノーマルマフラーに乗ってから、マフラーを交換してみればわかる。

たとえ、スリップオン(サイレンサーだけ)でも、違いは歴然だ。

ハーレーのマフラー交換!バンス&ハインズ イリミネター300 スリップオン(Vance & Hines Eliminator 300 Slip-Ons)

 

そして、マフラーを交換すると、当然、次はエアクリーナーを交換したくなる。

   

チューニング計画

ハーレーのマフラーを交換すると、ハーレーに乗るのが楽しくなる。(スリップオンでも)

 

しかし、抜けのいいマフラーに交換すると、燃調が狂ってしまう。

 

燃調が狂う(薄い)と、多くの場合、ノッキングやエンジン温度の上昇、アフターファイヤーなどの現象がでて、エンジンに大きな負担がかかる。

 

そこで燃調を適正にするために、インジェクション車の場合は、インジェクションチューニング(EFIチューニング)が必要となる。

 

仮に、マフラー交換をして、インジェクションチューニング(EFIチューニング)をして、その後に、ハイフロータイプのエアクリーナーに交換すると、吸気効率がよくなるので、再度、インジェクションチューニング(EFIチューニング)が必要になる。

 

さらに、その後に、カム交換をした場合は、再度、インジェクションチューニング(EFIチューニング)が必要になる。

 

このようなことにならないために、給排気系のカスタマイズは、計画的に行う必要がある。

 

つまり、交換するのは、

・マフラーだけ
・マフラーとエアクリーナー
・マフラーとエアクリーナーとカム

なのかを決めて、すべて交換した時点、または、交換と同時にインジェクションチューニング(EFIチューニング)を行えば、ムダな費用を抑えられる。

インジェクションチューニング(EFIチューニング)

マフラーだけ交換して、ハーレーに乗るのもいいが、エンジンのことを考えると、インジェクションチューニング(EFIチューニング)をしたくなる。

 

インジェクションチューニング(EFIチューニング)には、デバイスにもよるが、スリップオンのマフラーとハイフロータイプのエアクリーナーの、両方が買えてしまうくらいの金額が必要だ。

 

マフラーだけ交換して、インジェクションチューニング(EFIチューニング)を行った後に、やっぱりエアクリーナーも交換する、なんてムダなことは避けなければならない。

 

せっかくなら、マフラー交換とエアクリーナー交換をしてから、インジェクションチューニング(EFIチューニング)を行いたい。

   

おわりに

やはり、実際に試してみないことにはわからないことが多いので、まずは、マフラー交換だけをした状態のハーレーに、しばらく乗ってみた。

 

マフラー(サイレンサー)を交換してすぐにわかったことだが、アフターファイヤーがすごい

この状態で乗り続けるのは、さすがによろしくないだろう。

 

となると、EFIチューニング(インジェクションチューニング)をしなくてはならない。

 

ただ、エアクリーナーも交換したいので、EFIチューニングの前に、エアクリーナーを交換しなくてはならない。

 

もちろん、EFIチューニングと同時にエアクリーナーを交換してもいいのだが、やはり、エアクリーナーを交換して、チューニングしない場合、どのような状態になるのかを確認しておきたい。

 

はたして、マフラー交換だけの状態と、どのような変化があるのだろうか?

もちろん、さらに燃調が狂うので、状態が良くなるということは、まずないだろう。

 

そのため、エアクリーナーを交換したら、早急にEFIチューニングを行う予定だ。

 

最後に余談なのだが、今回、107ciのハーレーを買って思ったことがある。

 

もしも、同じ車種で、107ciと114ciで悩んでいるのであれば、おそらく、107ciを買ってカムまで交換してしまうほうが、コスパはいいのではないかと思う。(買うなら2019年モデル!)

おそらく、そのほうが、費用が安くすんで、しかもパワフルなハーレーになると思う。

 

もちろん、余裕があれば、114ciを買ってカム交換まですれば、さらにパワフルなハーレーになることは言うまでもない。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました