ワークマン EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディーは真冬のバイクツーリングに耐えられるのか?

   
ワークマン EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディー APPAREL-GEAR
この記事は約5分で読めます。

ワークマンの EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディー を買ったので、真冬のバイクツーリングで試してみた。

 

ボトムスは、ワークマン 4D 防風 ウォームパンツ STRETCH だ。

 

ワークマン 4D 防風 ウォームパンツ STRETCH は真冬のバイクツーリングに耐えられるのか?

 

あまり着込みすぎると、汗をかいてしまっても嫌なので、なるべく薄着で、アウターにワークマンの EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディーを着て、どこまで温かいのかを試してみた。

 

ワークマン EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディー をWORKMAN Online Storeでチェック!

   

ワークマン EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディー

HJ007 EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディー[冬1]

4,900円

FieldCore フィールドコア

秋冬

欧米の洗練されたデザイン性に加え、さらなる防寒性、動きやすさを追求。

袖やフードを取り外すことでベストにすることもでき、3シーズン対応可能。

連続する凸凹パターンは縫い目のない加工で冷気の侵入を防ぐ

おすすめポイント

・しなやかな開閉ができるロングACTIVE(アクティブ)ファスナー
・左側に内ポケット
・ダウンのように保温性の高い中わた
・パーカータイプ、ベストタイプにも、シーンに応じて使用できる2WAYタイプ
・120%のストレッチ性
・リストガード
・背中に反射材
・両サイドポケット
・保温
・撥水
・ファイバーダウン

品番/HJ007

カラー/015 ブラック・002 ホワイト・091 タイガーストライプ

サイズ/M~4L

素材/表:ポリエルテル100%
中わた:ポリエステル100%
裏:ポリエステル100%

出典:WORKMAN Online Store



ワークマン EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディー をWORKMAN Online Storeでチェック!

ツーリングテスト(前回)

車と違って、バイクの場合は、寒いとどうにもならないので、前回のツーリングでは、かなり着込んでしまったので、汗だくになってしまった。

 

おかげで、お気に入りの、ALPHA(アルファ)TA1330 フーデッド リブジャケット NYLON HEAVY TWILL – LIMITED MODEL に汗ジミができてしまい、クリーニングに出すはめになった。

 

ALPHA(アルファ)TA1330 フーデッド リブジャケット NYLON HEAVY TWILL – LIMITED MODELでハーレーに乗った感想

 

その時の上半身は、

・インナー(モンベル ジオライン 薄手)

・ロングTシャツ(カジュアルウェア)

・フリース(テルヌア)

・ALPHA フーデッド リブジャケット

・防寒レインウェア(ワークマン)

と、かなり着込んだのだが、夜明け前や日暮れ後の高速道路走行では、寒いと走っていられないので、念のために着込んだ。

 

しかし、首都高などは、トンネルも多く、トンネルの中は暖かい。

そこで汗をかいてしまったようだが、地上を走っているときは、これでちょうどいいくらいだった。

 

もちろん、日中の一般道では、防寒レインウェアを脱いだが、夕方になると、少し寒かった。

そのため、もういちど、防寒レインウェアを着て、帰りの高速道路を走った。

そして、トンネルで、また汗をかいた。

 

やはり、この組み合わせは失敗だったようだ。

   

ツーリングテスト(今回)

前回の反省を踏まえて、今回は、

・インナー(モンベル ジオライン 薄手)

・ロングTシャツ(カジュアルウェア)

・フリースベスト(ワークマン)

・EURO ULTIMATE デュアルフーディー (ワークマン)

だけで、高速走行を伴うツーリングに臨んだ。

 

気温は、明らかに今回のほうが低く、外気温が0℃表示の所も走った。

 

前回よりも薄着だったが、ほとんど寒さを感じることはなかった。

 

そして、日中、少し暑いと思ったときは、走行中に、首元を少し開ければ、外気が入ってくるので、暑くなり過ぎることもなかった。

 

前回のように、防寒レインウェアを脱いだり着たりということもなく、一日中、同じ服装で走れた。

 

寒くもなく、汗をかくこともなく、荷物も少なくできて、とても快適だった。

おわりに

じつは、ワークマンの EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディー には、ひとつ懸念材料があった。

 

それは、袖がファスナーで脱着できるようになっている(外すとベストになる)のだが、脇の下に、指2本分くらいの、けっこうな隙間がある

 

連続する凸凹パターンは縫い目のない加工で冷気の侵入を防ぐ

出典:WORKMAN Online Store

 

ということだが、隙間があれば、そこから風が入ってきたら寒いかもしれない。

 

しかし、実際に高速道路を走ってみて、風が入ってくるのかを確かめたが、あまり気にならなかった。

 

むしろ、これはこれで、蒸れなくていいのかかもしれないと思った。

 

ワークマン EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディー は、袖が取り外しできないほうが、より温かいだろうとは思うが、それでも十分に温かく、真冬のバイクツーリングでも使えるアイテムだということが分かった。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました