雨でバイクは壊れない?【ハーレーの空冷エンジンはエンジン音がうるさくて当たり前⁉】

   
HARLEY DAVIDSON HARLEY'S LIFE
この記事は約3分で読めます。

久しぶりに半ヘル(ハーフヘルメット)をかぶった。

 

11月にしては、暖かかったということもあるが、なんとなくエンジン音が、おかしいように感じたからだ。

 

耳まで覆ってしまうヘルメットだと、微妙な音は、はっきり言って聞こえない。

 

そのため、音を聞きながら走ろうと思い、久しぶりに半ヘル(ハーフヘルメット)をかぶって乗ってみたのだ。

   

行きつけのショップ

カスタムショップの人なども、微妙な音を聞きたいときには、半ヘル(ハーフヘルメット)をかぶることがあるらしい。

 

ディーラーでは、そこまでしてくれない場合も多いので、ハーレー専門でなくても、バイクに詳しい行きつけのショップも、見つけておいたほうがいいように思う。

 

大学病院の医師と、かかりつけ医の違いのようなものだろうか。

より親身になってくれる存在はありがたい。

 

また、車検非対応のマフラーなどは、ディーラーは取り付けてくれないし、こまめにやりたいオイル交換の工賃なども、良心的なショップであれば、はるかに安くすむ。

 

オイルやオイルフィルターにしても、ハーレー純正でなくても、まったく問題ないらしい。

雨でバイクは壊れない?

私のハーレーは、ガレージではないが、一応、屋根が付いているところに駐車してある。

 

少しくらいの雨なら、大丈夫だが、雨が大量に降ったり、横殴りの雨などの場合は、びしょ濡れになる。

 

今回、エンジン音がおかしいと思ったのは、先日、雨がかなり降り続いきに、エンジンに雨水がかかり続けていたようで、久しぶりにエンジンをかけたときに、エンジン付近から煙が上がった。

 

煙は、嫌な匂いもしなかったので、溜まった水が蒸発しただけだと思ったが、洗車した後に煙が出たことはないので、少し心配だった。

 

余程、雨水が溜まっていたのだろうか?

台風のときなどはカバーをかけたので、これほどまでに濡れたのは、初めてのことだと思う。

 

しばらく走っているうちに、煙もでなくなったので、少し安心した。

 

しかし、なんとなくエンジン音が、以前よりも、うるさいように思えた。

排気音ではなく、エンジンのアイドリング時の音などが、ジャカジャカと、以前よりも、うるさく感じた。

 

ディーラーに訊いても、

雨くらいでバイクが壊れることはない

という答えで、確かにその通りではあるのだが、ハーレー初心者にとっては、気になるものだ。

 

そこで、後日、半ヘル(ハーフヘルメット)をかぶって、確かめたのだが、どうやら問題なさそうだ。

   

おわりに

今回、ちょっと心配になったが、もともとアメリカのバイクで、しかも水冷エンジンなので、エンジン音は、少しくらい、うるさくて当たり前だと思ったほうがいいようだ。

 

ただ、納車後、925Kmで初回点検を受けたときに、オイル交換をして依頼、3,500Km以上もオイル交換をしていないので、そろそろオイル交換が必要のようだ。

 

もしかしたら、エンジン音がうるさくなったように感じるのは、エンジンオイルが、けっこう汚れているせいかもしれない。

 

オイル交換をすると、エンジンがスムーズに回るようになったり、音も静かになるので、近いうちに、交換しようと思う。

   

コメント

 
 
   
スポンサーリンク
   
タイトルとURLをコピーしました