SWANS(スワンズ)ビンテージゴーグルとジェッペルで冬の高速道路を走行!【冬のツーリングにおすすめ!】

   
SWANS ビンテージゴーグル HELMET
この記事は約5分で読めます。

高速道路を使う冬の長距離ツーリングに備えて、急遽、SWANS(スワンズ)ビンテージゴーグルを購入した。

 

レンズカラーはスモークだが、届いてから、夜間に試してみたら、視界は良好だったので、日中でなくても問題なく使えることが確認できた。

 

今回は、冬の日帰りロングツーリングで、SWANS(スワンズ)ビンテージゴーグルを使用した感想をシェアしようと思う。

   

視認性

これまでは、サングラスしか使ったことしかなかったので、今回、初めてゴーグルというものを使ってみたが、視認性は抜群だ。

 

外見は、レンズに薄くスモークがかかっているのだが、夜間だろうとトンネルだろうと、まったく問題ない。

 

逆に、太陽が正面にあるようなときは、眩しかった。

 

ゴーグルの下にメガネをかけることもできるということなので、小さめのサングラスであれば、着用できると思う。

 

ゴーグルの下にサングラスをかければ、眩しさは軽減されると思うが、レンズが調光のサングラスでないと、トンネルなどで急に暗くなると、前が見えなくなって、怖い思いをするかもしれない。

 

しかも、上にゴーグルをしているので、簡単にサングラスを外すこともできないので、より危険だ。

 

本当は、ゴーグルのレンズが調光だと理想的だが、SWANS(スワンズ)ビンテージゴーグルは、価格が安いので、そこまでの機能はない。

風の巻き込み

サングラスと違って、SWANS(スワンズ)ビンテージゴーグルの風の巻き込みは皆無だ。

 

「皆無」と書いてしまったが、実際には、通気性があるので、多少は風が少し流れ込んできていると思うのだが、まったく気にならない。

 

逆に、通気性がないだと、ゴーグルの中が曇ったり、蒸れたり、汗をかいてしまうので、不快だ。

 

通気性があるおかげで、ゴーグル内は曇らないし、蒸れたりもしないので快適だ。

滑り止め付きベルト

SWANS(スワンズ)ビンテージゴーグルは、ベルトも優秀だ。

 

ベルトの裏側に滑り止めが付いているので、ヘルメットからズレて取れるようなことはない。

 

滑り止め付きベルトのおかげで、ゴーグルを目から外して、ヘルメットに引っ掛けたまま走行することもできる。(その時は、危険なので、メガネやサングラスを!)

 

また、ベルトは、それほど締め付けなくても、滑り止めのおかげで、十分に固定されるので、思いっきり締め付けなくても、ゴーグルが飛んでしまうようなこともない。

 

また、ベルトにはロゴが入っていない、無地のベルトが使われている。

   

おわりに

SWANS(スワンズ)ビンテージゴーグルを、冬の寒い日に、ジェッペルとKOMINE(コミネ)のバイク用防寒フリースマスクと組み合わせて、暗い時間も明るい時間も、トンネルも高速道路も走ってみたが、かなり快適だった。

 

 

 

 

視界は広く、視認性は抜群で、普通に使っていれば、曇ったり、蒸れたり、汗をかいたりすることもない。

 

ただし、ネックウォーマーを鼻の上までかぶせて、顔がどこも出ないような使い方をすると、停車中は曇る。

 

走り出せば、通気性があるので、曇は取れるが、走り始めが少し危険だ。

 

しかし、停車時にそこまでやってしまうと、暑くなってしまうので、私は鼻のあたりは、外に出すようにして乗っていたため、まったくゴーグルのレンズが曇ることはなかった。

そのほうが息苦しさがなくていい。

 

また、高速道路での走行は、太陽に向かって走るのでなければ、快適そのものだ。

 

通気性があるとはいっても、目に風を感じるようなことは一切ない。

昼間でも夜間でも、トンネル内でも、視認性は抜群だ。

 

見た目的にも、ジェッペルやオフヘルとの相性は抜群だ。

 

ただし、ゴーグルの使用は、外気温が概ね10℃以下の寒い日や、高速道路を走行するときなどが快適で、外気温が高い一般道を走るときなどは、やはりサングラスのほうが気持ちがいいと思う。

 

余裕があれば、サングラスもサドルバッグなどに忍ばせておくと、日中に気温が上がったときや、高速道路を降りたときなどに、付け替えて走ることができる。

 

ヘルメットの後付シールドは使ったことがないが、高速走行でバタついたり、ガタつくというので、今回、ゴーグルを試してみたのだが、この選択は正解だった。

 

真冬でも、フルフェイスヘルメットをかぶることに抵抗がある人は、ぜひ、SWANS(スワンズ)ビンテージゴーグルを試してみてはどうだろうか。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました