ハーレーの強風対策【転倒棒止 Anti Rollover Rod TMOシリーズ】

転倒棒止 Anti Rollover Rod TMO PARTS-GEAR
この記事は約5分で読めます。

自宅にガレージがあればいいのだが、ハーレーを屋外で駐車(保管)している場合は、台風などの強風による転倒が心配だ。

 

可能であれば、一時的に屋内へ避難できるといい。

しかし、避難が難しい場合には、何らかの転倒防止対策を講じる必要がある。

 

今回は、寺田モータースの「転倒棒止(Anti Rollover Rod) TMO」シリーズについて。

   

転倒棒止 TMOとは?

寺田モータースの「転倒棒止(Anti Rollover Rod) TMO」シリーズは、強風などにより、大切なハーレー(バイク)を転倒させないために補助スタンドだ。

 

バイクは、基本的には、スタンド側には倒れにくい。

しかし、もしも、スタンド側から強風が吹きつけた場合、スタンドと逆方向には、転倒する可能性がある。

 

そこで、スタンドと反対側にも、「つっかえ棒」をしてやることで、転倒を防げる可能性が高くなる。

 

木っ端(材木)などを使って「DIY(自作)」してもいいが、寺田モータースから、「転倒棒止 TMO」という商品が、シリーズで発売されている。

 

以下、商品説明。

teradamotors.com

地震、台風、通行人の接触など、あらゆる脅威から、モーターサイクルの転倒を最大限防止します。

底部を回転させることで、全長の調節が可能な本体を、サイドスタンドとは逆側に設置してください。

フレームと地面との間に、挟み込むように設置します。

エキゾーストパイプやエンジンガード、ステップなど十分な強度を有している場所であれば、フレーム以外の部位を利用しての設置も可能です。

球体軸受けを持つ底部には、ゴム板が設置されており、室内で使用される際に床を傷つけてしまう可能性を軽減します。

もちろん、モーターサイクルと接触する本体頭頂部にも、ゴム板が取り付けられております。

本体は、全長の違いにより6種類ございます。

設置可能な部位、設置可能な部位から地面までの距離をご確認いただき、最適な長さのものをご使用ください。

出典:https://teradamotors.com

amazon.co.jp

サイドスタンドと逆側面に取り付け、モーターサイクルの転倒を防止する補助スタンドです。

地震や台風はもとより、駐輪時における通行人の接触など、あらゆる脅威からモーターサイクルの転倒を最大限に防ぎます。

使用方法は容易です。

最適な長さに調整した本体を、車体と地面との間に挟み込んでご使用ください。

上部のU字部分でフレームを支えます。

ステップや他のブラケットなど、強度の十分に確保された場所であれば、フレーム以外の場所で支持することも可能です。

※エキゾーストパイプで支持する場合は、必ずエキゾーストパイプが冷えていることを確認してください。

本体下部は可動式です。

また転倒棒止は、全長の違いで数種類ご用意しております。

最低地上高の低い車両から、オフロード用車両のように最低地上高の高い車両まで、様々な車種にご利用いただけます。

出典:https://www.amazon.co.jp

   

転倒棒止 TMOの種類

寺田モータースの「転倒棒止(Anti Rollover Rod) TMO」には、全長の違いで数種類の製品がある。

「A-type TE-01」から「E-type TE-00」までの6種類だ。

 

品番と全長の並び順が異なっているので、注意してほしい。

「TE-00」と「TE-05」は、あとから追加されたのかもしれない。

 

それぞれ、全長が異なるので、自分のバイクにあった製品を選びたい。

Amazonでは、いちばん長い「A-type TE-01」といちばん短い「E-type TE-00」が販売されている。

価格は、4,000円台となっている。

E-type

A-type

転倒棒止 TMO 適合範囲

タイプ品番適合範囲
A-typeTE-01170mm – 240mm
B-typeTE-02240mm – 310mm
C-typeTE-03310mm – 380mm
D-typeTE-04380mm – 450mm
E-typeTE-00130mm – 170mm
F-typeTE-05150mm – 220mm

寺田モータース 転倒棒止 Anti Rollover Rod

おわりに

今回、大型で猛烈な勢力の台風が近づいてきたので、私も「転倒棒止(Anti Rollover Rod)」をひとつ買ってみようと思ったが、Amazonでは在庫切れだった。

雪の予報が出ると、雪かきやタイヤチェーンなどが、一時的に売れきれてしまうのと同じだ。

 

Amazonでなら、台風よりも先に届くと思うが、直接、寺田モータースで買うと、台風とどちらが先にやってくるのかわからないので、今回は、「転倒棒止(Anti Rollover Rod)」を買うのはやめて、車の車載ジャッキをかませることにした。

ハーレーの転倒防止対策【車の車載ジャッキを使った転倒防止対策】

 

「転倒棒止(Anti Rollover Rod)」と同様に、「半ヘル(ハーフヘルメット)」も、夏場は、けっこう在庫切れになる。

 

このような、シーズンになると、注文が殺到して在庫切れを起こすような商品は、シーズンではないときに、買っておくとスムーズに買うことができると思う。

   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました