このブログ更新をして1年間がたった!【発信することで人生に変化が起こる⁉】

blog ESSAY
この記事は約4分で読めます。

このブログを立ち上げたのが、2019年5月1日なので、あれから、ちょうど1年がたったことになる。

 

とりあえず、1年間、毎日、欠かさず更新することができた。

 

これは、すごいことだ。

 

ブログ(blog)」とは、「webにlogする」の「ウェブログ (weblog) 」が言葉の由来だ。

 

つまり、公開日記のようなもので、これを読めば、私の1年間がなんとなくわかる。

 

いつも読んでくれている人もおり、本当にありがたい。

   

ブログとSNSはセットで!

たとえば、有名人や著名人などが、「ブログ始めました!」とひとこと呟けば、一日で数万人の人がフォローするだろう。

 

しかし、名もない一般人が、新たにブログをはじめたところで、しばらくの間、アクセスは、ほぼゼロだ。

 

SNSのフォロワーがたくさんいれば、SNSからのアクセスも見込めるので、ブログをやるなら、SNSとセットでやったほうがいい。

 

ブログだけしかやっていないと、ほんとうにアクセスは、ゼロになってしまう。

 

アクセスがゼロだと、挫折する確率が、飛躍的に高くなる。

ブログはオワコン?

最近では、よく「ブログはオワコン」などと言われることが多い。

 

個人的にも、まぁ、その通りかもしれないと思う。

 

今の時代、ブログを書くくらいなら、ユーチューブでも始めたほうがいい。

 

ただ、表現の方法として、書くことのほうが向いているという人なら、ブログを始めてみるのも悪くないかもしれない。

 

逆に、書くことが好きでもない人が、わざわざブログを始めるメリットは、かなり少ないと思うし、たぶん挫折する。

   

ブログを書く意味

必ずしもブログでなくてもいいのだが、書くという行為を通して、頭の中が整理される

 

では、なぜ、日記帳ではなく、わざわざブログに書くのかといえば、モチベーションを維持するためだと思う。

 

自分だけの日記帳に書き続けても、なにも起こらない。

 

誰にも読まれることのない日記を、ずっと書き続けられる人は、すごいと思う。

 

一方、ブログに書いて発信することで、何らかのフィードバックが得られるようになる。

 

また、コメントやコンタクトを開放しておけば、交流も生まれる。

 

その結果、どんなことが起こるのかは、想像もつかない。

このブログを始めた理由

私がこのブログを始めたのは、大型自動二輪の免許をとって、ハーレーに乗ることを決めたので、そのログ(log)を書き留めておこうと思ったからだ。

 

確かに、バイクの免許をとって、ハーレーに乗りはじめて、人生が大きく変わったが、ブログを書き続けたことでも、人生は変わったと思う。

 

このブログがなかったら、おそらく、昨日、納車になったMVアグスタのブルターレ800ロッソを買うことはなかったはずだ。

 

厳密に言えば、そのなかの、あるひとつの記事がなかったら、ブルターレ800ロッソを買っていないと思う。

 

人生、何が起こるかわからないが、このブログがもたらした、私の人生への影響は、かなり大きいと思う。

 

そして、はじめの数ヶ月や半年くらいで、更新をやめなかったことも大きいと思う。

   

おわりに

SNSでもブログでも、続けることが何よりも大切だ。

 

ブログを書き続けることで、何かが変わる保証はないが、更新をやめてしまったときから、それまでに費やした時間が無駄になってしまう可能性は高くなる。

 

やるからには、何らかの結果が出るまで続けるべきだし、続かないのなら、時間がもったいないので、始めからやらないほうがマシだと思う。

 

新型コロナウイルス感染症の「ステイホーム」の影響で、暇を持て余しているという人がいたら、べつにブログでなくてもいいのだが、何かを世の中に発信してみてはいかがだろうか。

 

そこから、思いもよらない変化が起こるかもしれない。

 

最後に、このブログを一年間支えてくださった人に、心から感謝を申しあげます。

 

いつも、ほんとうに、ありがとうございます。

 

今後については…

   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました