DAINESE(ダイネーゼ)のメッシュジャケットをブルターレ用に購入【あっ、これ、いい!を大切に】

   
Dainese(ダイネーゼ) APPAREL-GEAR
この記事は約6分で読めます。

ハーレーの場合は、アメカジっぽいウェアがあれば、それで問題なかったが、ブルターレに乗るとなると、そうもいかない。

 

実際には、ハーレーでもブルターレでも、危険性は変わらないので、ハーレー乗りも、もっと安全性を考えるべきなのだが、いかんせん、ハーレーは、ファッションアイテムとしての要素が強い。

 

また、たいていのハーレー乗りは、雨など悪天候のときには、まず乗らないし、天気のいいときにも、ゆっくりと走っていることが多いので、あまり安全装備の必要性を感じられないのだろう。

   

ネイキッド用ライディングギア

ネイキッドに乗るためには、ある程度の安全性の高い、ライディングギアを身につける必要がある。

 

さらには、ブルターレは、イタリアンネイキッドなので、間に合せの、チープなウェアを着るわけにもいかない。

 

バイクとウェアやヘルメットなどは、決して、分けて考えられるものではない。

 

もちろん、ネイキッドに乗るためのウェア類は、まったく持っていなかったので、納車までには、ある程度は揃える必要があった。

 

ヘルメットに関しては、ソリッドのブラックで、少々、面白みにかけるが、とりあえずフルフェイス(Z-7)が、そのまま、ブルターレでも使える。

 

できれば、ブルターレに合わせて、センス良くステッカーチューンくらいはしたいものだ。

 

ブルターレ用に、新調したいものはたくさんあるが、とりあえず、ヘルメット、グローブ、スニーカー、ジーンズなどは、持っているもので代用するとしても、ジャケットだけは買わねばならない。

   

ジャケット選び

バイク用のジャケット選びで問題となるのは、春夏用のメッシュジャケットを買うのか、メッシュではない、オールシーズン&オールウェザータイプのジャケットを買うかだ。

 

もちろん、いずれは両方とも買うことになるだろうが、この時期に買うとしたら、やはり、メッシュジャケットが優勢になる。

 

また、ジャケットの下にどれだけ着るのかで、1サイズくらい違ってくるだろうから、サイズ選びも難しい。

 

そのため、いきなりオンラインで買うのも、かなり勇気がいる。

 

ということで、サイズ合わせを兼ねて、試しにバイク用品店に行ったのが、季節的に、やはり、ほとんどが春夏の商品で、厚手の秋冬用ジャケットは、ほとんど残っていなかった。

 

この時期であれば、一般的には、春夏用のメッシュジャケットを買う人のほうが圧倒的に多いだろう。

   

夏の暑さにはメッシュジャケット⁉

春先や梅雨時期は、まだまだ、朝晩を中心に、気温が低くなることもあり、メッシュジャケットだけでは寒いだろう。

 

しかし、その先の夏を考えると、話は違ってくる。

 

昨年は、7月上旬に大型自動二輪の免許を取り、ハーレーに乗り始めたのだが、とにかく暑かった記憶しかない。

 

最近の夏は、暑すぎる。

 

昨年の夏は、バイクがハーレーなのをいいことに、半袖のTシャツ1枚で乗っていたのだが、それでも暑かった。

 

いや、肌を露出していたため、よけいに暑かったのかもしれない。

 

また、日焼けも酷かった。

 

昨年の夏のことを考えると、夏場のブルターレは、おそらくメッシュジャケットのほうが、快適だろうことは明らかだ。

ダイネーゼ メッシュジャケット

今回は、ダイネーゼのメッシュジャケットを買うことにした。

 

Dainese(ダイネーゼ)

 

このダイネーゼのメッシュジャケットには、着脱式の防風ライナーが付いているので、それをつければ、風の侵入を防ぐことができ、春先から梅雨時期、秋にも使えるだろう。

 

 

プロテクターは、肩と肘にしか入っていないが、春夏ものなので仕方がない。

 

いずれは、オールシーズンのジャケット(できればレザー)も欲いところだが、今後、数カ月は、メッシュジャケットでいけそうだ。

 

サイズは、当初、イタリアサイズで「48」を購入したのだが、あまりにもピッタリすぎた。

 

そのため、「48」では、ジャケットの中に、Tシャツ1枚しか着られない。

 

ジャストサイズはかっこいいが、悩んだ末、寒いときには、ジャケットの中に、パーカーくらい着られるように、「50」に交換した。

 

また、あまりにもピッタリすぎると、動きにくいので、やはり「50」に交換して正解だったと思う。

 

用品店の場合、すべてのサイズが揃っていないこともあるが、今回は、Amazonで買ったので、サイズ交換ができてよかった。

   

おわりに

「欲しいけど…」

「どうしようかな…」

などと悩んでいるものは、たいてい手に入らない。

 

そえれに対して、

「あっ、これ、いい!」

「これだ!」

などと思ったものは、意外と手に入る。

 

どんなときでも、そのような直感のようなものは、大切にするべきだと思う。

 

思えば、ブルターレ800ロッソ も

「あっ、これ、いい!」

と思ってしまったばっかりに、購入してしまった。

 

BRUTALE 800 ROSSO 2020

 

冷静に考えると、トライアンフのストリートトリプルのほうが、遥かにコスパがいいのだが、やはり、

「あっ、これ、いい!」

と思ってしまったブルターレ800ロッソの方が、手に入った。

 

価格的には、ストリートトリプルのほうが、半値近いのにもかかわらず…

 

メッシュジャケットではあるが、とりあえず、「あっ、これ、いい!」と思った、ダイネーゼのライディングジャケットが手に入ってよかった。

 

寒くなるころまでには、レザーの上下、グローブ、ブーツなどを買わなくてはいけない。

 

ダイネーゼも大人な感じでいいのだが、私くらいの年齢なら、アルパインスターズでも、いいかもしれない。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました