バイク用ヘルメットの選び方【ハーフヘルメット・ジェットヘルメット・フルフェイスヘルメット】

   
ハーレー ヘルメット HELMET
この記事は約6分で読めます。

バイクとは、切っても切れない存在のヘルメット。

 

日本国内では、ヘルメットなくして、バイクに乗ることはできない。

 

たとえ事故らずとも、実際には、飛び石などの危険もあるので、トム・クルーズのように、ノーヘルでバイクをふっ飛ばしていると、痛い思いをすることもありそうだ。

 

ヘルメットに関しては、バイク乗りは、みな関心が高いようで、ヘルメット関連の記事には、アクセスが多い。

 

ヘルメットについては、これまで、けっこう適当なことを、書いてきてしまったかもしれないので、改めて、暑い季節から寒い季節まで経験した、いま現在の考えを書いてみようと思う。

   

ハーフヘルメット

当然だが、季節によって、ヘルメットの快適性は、大きく変わる。

 

夏場は、とにかく暑いので、なんならノーヘルで走りたいくらいだが、危険だし、もちろん、日本では違法だ。

 

大型バイクでは、おそらくハーレー乗りだけに許されるであろう、ハーフヘルメット(半ヘル)だが、正直、これは、かなり涼しくて、スピードさえ出さなければ快適だ。

 

いちどハーフヘルメット(半ヘル)かぶってしまうと、夏の間は、それ以外かぶれなくなってしまうという、非常に危険な代物だ。

 

しかし、実際になんどか試したことがあるが、ハーフヘルメット(半ヘル)で高速道路を走行したり、一般道でも、大幅に法定速度を超えるような走りは、やめておいたほうがいい。

 

ハーフヘルメット(半ヘル)には、空力もクソもないので、風が強い日やトンネルの出口などでは、ヘルメットが浮き上がるので、左手で押さえながら走ることになる。

 

また、ハーフヘルメット(半ヘル)の下に、ベースボールキャップをかぶる人も多いが、その場合、さらに風の影響を受けやすくなるので、どうしてもハーフヘルメット(半ヘル)がいい人は、法定速度プラスαくらいで、のんびりと走ったほうがいい。

 

そして、万が一の際には、ハーフヘルメット(半ヘル)が、あなたの頭部(命)を守ってくれることはないと覚悟したうえで、使用するべきだ。

 

逆に、なぜ、これが許されているのかが、不思議なくらいだ。

   

ジェットヘルメット

なんだかんだ言って、ハーレーと相性がいいのは、ジェットヘルメット(ジェッペル)だろう。

 

ジェッペルは、ベンチレーション機構がないので、真夏は蒸れるが、それ以外の季節では、いちばん使い勝手がいい。

 

なんといっても、息苦しさが一切ないところがいい。

 

そして、フェイスマスクやネックウォーマー、ゴーグルなど一緒に使えば、真冬でも十分に使える。

 

 

ジェッペルの場合は、これを頭からかぶると、かなり温かい。

 

私は、ジェッペルにゴーグルというスタイルが気に入ってしまい、寒くなってからは、だいたいそのスタイルで、ハーレーに乗っている。

 

 

このゴーグルは、安いのだが機能性は十分。

そして、先程の防寒フリースマスクと合わせると、鼻だけが外に出る状態になる。

 

このスタイルは、BMWの「R nine T」トライアンフの「ボンネビル」シリーズなどの、ネオクラのバイクにもよく似合う。

 

一方、SSやネイキッドには、似合わないので、やめておいたほうがいい。

   

フルフェイス

バイクといえば、やはり、フルフェイス・ヘルメットだろう。

 

SSやネイキッド乗りは、基本的にはフルフェイスか、システムヘルメットを利用している人が多い。

 

最近では、ハーレー乗りも、フルフェイスをかぶっている人が増えた。

 

また、オフヘルも、一応、フルフェイスではあるが、オフロードテイストのネイキッドや、オールドスタイルの、少し悪っぽいハーレーには、よく似合うが、バイクによっては、あまり似合わないこともある。

 

また、最近では、GoProなどのアクションカムを、ヘルメットにマウントする人が増えたが、あごマウントが、いちばんライダー目線の、いい映像が撮れるように思う。

 

そして、多くのモトブロガーは、音声収録や、ミラーシールドで顔を隠すことなどを考えて、シールド付きのフルフェイスを利用している人が、圧倒的に多いように思う。

 

安全性で考えたら、フルフェイスがいちばんだ。

   

おわりに

これを書いているのが、2月という、かなり寒い季節なので、ハーフヘルメット(半ヘル)をかぶろうなどとは、まったく思えない。

 

しかし、真夏になったら、また、かぶりたくなるのかもしれない。

 

また、ハーフヘルメット(半ヘル)は、異音をチェックするときには、大いに役に立つ。

 

耳まで覆ってしまうヘルメットでは、異音を聞き分けるのが難しいが、ハーフヘルメットなら、けっこうよく聞こえる。

 

最後にバイクのヘルメット選びについて、まとめてみる。

 

とりあえず、どれかひとつだけ、ヘルメットを買うとしたら、ハーレー乗りなら、やはりジェッペルがいいかなと思う。

 

しかし、安全性や真冬の寒さ対策を考えたり、モトブログ用のアクションカムを、ヘルメットにマウントする人などは、フルフェイスがいいと思う。

 

ハーフヘルメットは、いまのところ、捕まることはないが、ただの飾りだと思ったほうがいい。

 

個人的にも、せめて冬場だけでも、完全にシールドが閉まるタイプのフルフェイスにしようかと思い始め、現在、いろいろと物色中だが、そうこうしているうちに、暖かくなってしまいそうだ。

 

ちなみに、現在、気になっているフルフェイスは、この2点。

 

SHOEI Z7

 

AGV K1

 

どちらのフルフェイスも、軽くて、デザイン的にもスッキリしているので、とてもいい感じのヘルメットだ。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました