水冷ハーレー XG750(STREET 750) に試乗【ハーレーはやはり空冷モデル⁉】

   
XG750 Street 750 MOTORCYCLE
この記事は約5分で読めます。

そういえば、ハーレーにも、スポーティーなモデルがあったことを思い出す。

 

空冷 750cc、60度 Vツインの、Revolution Xエンジンを積んだ「XG750(STREET 750)」だ。

 

よりスポーティーな「XG750A(STREET ROD)」というモデルもあり、もしも買うことがあるとしたら、そちらのほうがよさそうだ。

 

しかし、おそらく、空冷 750cc 60度 Vツインの、Revolution X エンジンを積んだハーレーを買うことはないと思う。

 

今回は、「STREET 750」を試乗してみた。

   

STREET

「STREET 750」や「STREET ROD」は、ハーレーのディーラーにも、一応、展示されているが、水冷ということもあり、完全に日陰の存在だ。

 

基本的には、ハーレージャパンもディーラーも、300万円以上する、トライクやツーリングモデル、200万円台のソフテイルモデルを売りたいのだ。

 

「STREET 750」の価格は、新車乗り出しで100万以下と、ハーレーの中では、最安のモデルとなっている。

 

そんなこともあり、「STREET 750」は、まったく売れないというわけでもないらしい。

 

そのため、街中では、私のFLHC(ヘリテイジクラシック)よりも、見かけることが多い。

 

というか、私以外のFLHCを見かけることは、ほとんどない…

STREET 750 試乗

しかし、価格で「STREET 750」を選ぶ人には、空冷883ccの「スポーツスター」のほうを勧めるようにしていると、ディーラーの人は言っていた。

 

ある意味、良心的だと思う。

 

ハーレー(空冷モデル)に対するイメージと、水冷エンジンの「STREET 750」のギャップが大きすぎて、すぐに不満を感じてしまう人が多いらしい。

 

であれば、スポーツスターにしておいたほうが、ハーレーらしさは味わえるし、カスタムのしがいもあるので、後悔が少ないのだろう。

 

しかし、そういえば私は、

「STREET 750には、いちども乗ったことがなかったなぁ」

と思い、食わず嫌いはよくないので、試乗させてもらうことにした。

 

そして、実際に「STREET 750」に試乗して思ったのだが、これは、明らかに、ハーレーっぽくない。

   

STREET 750の 残念なところ と いいところ

STREET 750の残念なところ

ハーレーの中では、価格が安く設定されているので、仕方がないのだが、「STREET 750」は、各部の作りが安っぽい。

 

装備も最低限で、タコメーターやシフトポジションインジケーターはない。

 

ウィンカースイッチも、左右独立ではなく、オートキャンセル機構もない。

 

走った感じは、ビッグツインと比べれば、どれもそうだが、低速トルクが全然ない。

 

しかし、高回転まで回していけば、速い…のかといえば、そこまで速くない。

 

また、水冷エンジンなので、やはりファンが回る音が気になる。

STREET 750のいいところ

そんな「STREET 750」だが、いいところもある。

 

ハーレーのなかでは、最も価格が安いということはすでに書いたが、それでも国産ネイキッドと比べてば、決して安いともいえない。

 

国産バイクで100万と言えば、まぁまぁ速いバイクが買える。

 

それらの国産バイクと比べると、ブランド以外では、とくに勝っている点はないと思われる。

 

「STREET 750」のいいところを挙げるとすれば、あくまで、ほかのモデルのハーレーと比較すると、ということになるのだが、

 

・軽くて取り回しは抜群
・ヒラヒラと軽快に走る
・高回転まで回せる
・比較的安い

 

という点がいいところだ。

   

おわりに

「STREET 750」は、個人的には、嫌いなスタイルではない。

 

また、「STREET 750」も、それなりのカスタムをすれば、カッコよく仕上がると思う。

 

カフェレーサー風のカスタムも、よく似合いそうだ。

 

しかし、「STREET 750」のカスタムパーツ自体は、空冷モデルのハーレーと比べると、それほど多くはないようだ。

 

「STREET 750」は、チョイ乗り用のバイクとしては、悪くないとは思う。

 

ハーレーだと思わなければ、乗って楽しいバイクかもしれないし、決してカッコ悪いとも思わない。

 

しかし、同じくらいの楽しさだったら、ほかにも選択肢は、たくさんありそうだ。

 

これからは、ハーレーでも、水冷モデルが増えてくると思うが、水冷エンジンのバイクを買うのなら、あえてハーレーを選ぶ必要もないのではないかと思う。

 

なぜなら、もっと高性能で安いバイクがたくさんあるからだ。

 

どうしてもハーレーに乗りたいのなら、やはり、空冷45度のVツインのモデルにしておいたほうが、いいのではないだろうか。

 

ただし、走行性能について、期待してはいけない。

 

「遅い」とか、「曲がらない」とか、「止まらない」とか、「倒せない」などと文句を言う人は、そもそも、ハーレーを買ってはいけないのだ。

   

コメント

  1. トムクル より:

    読むとデザインは嫌いだし、走りもイマイチだし。装備もチープだし、安くも無いし、いいところ無しってって所でしょうか。私もそんな気がします。 見に行きましたが、チープすぎて、試乗する気も起きませんでした。戦略的にはハーレー初心者が、ハーレー買いに来て、やっぱ高いなーとか重いなーとかで、 じゃこんなのありますよって、買わされちゃうパターンのバイクな気がします。 

    • HIRO CRUISE HIRO より:

      トムクルさん、コメントありがとうございます。
      どうしても予算100万円前後で、新車のハーレーが欲しい場合でも、STREET750を買うなら、もう少し足して、IRON883あたりを買ったほうがいいですね。
      考えれば考えるほど、「STREET750を買う理由」が見当たりませんね。
      とりあえず、一度くらいは乗っておきたかったので、乗れてよかったですが…

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました