VITPILEN(ヴィットピレン)と SVARTPILEN(スヴァルトピレン)の違い【2020年モデル】

   
husqvarna-vitpilen250-svartpilen250 MOTORCYCLE
この記事は約4分で読めます。

Husqvarna(ハスクバーナ)は、モトクロスやエンデューロ、スーパーモタードなどのオフロード系で、しかも、ラインナップの大半がレースモデルというバイクメーカーだった。

 

そんな、オフロードモデルに特化していたHusqvarna(ハスクバーナ)だが、一時期、BMW傘下だったときに、F800系の水冷DOHC4バルブ パラレルツインエンジンをベースにした、初の完全なロードモデルとなる「NUDA 900」や「NUDA 900R」を発売している。

 

NUDA900

NUDA900

 

その後、Husqvarna(ハスクバーナ)は、KTM傘下となった。

 

【関連記事】

Husqvarna(ハスクバーナ)とハスクバーナ・モーターサイクルズ【個性的でお洒落なオートバイ!】

   

VITPILEN と SVARTPILEN

Husqvarna(ハスクバーナ)は、2018年に、「VITPILEN(ヴィットピレン)」と「SVARTPILEN(スヴァルトピレン)」という、個性的なオンロードモデルを、新たに投入している。

 

2018年の発売当初は、「VITPILEN401」と「VITPILEN401」そして、「SVARTPILEN401」の3台がラインナップされた。

 

VITPILEN701

VITPILEN701

VITPILEN401

VITPILEN401

SVARTPILEN401

SVARTPILEN401

 

そして、2020年モデルとして、新たに、「SVARTPILEN701」と「SVARTPILEN250」が、ラインナップに加わりそうだ。

SVARTPILEN701

SVARTPILEN701

SVARTPILEN250

SVARTPILEN250

 

また、「VITPILEN250」については、発売されるという情報もあるが、Husqvarna(ハスクバーナ)の公式サイトには、2020年モデルとしては掲載されていない。

 

いずれも、ベースは、KTMの「DUKE(デューク)」となる。

Husqvarna(ハスクバーナ)2020年モデル

ここで、一旦、整理すると、Husqvarna(ハスクバーナ)の公式サイトに掲載されている、2020年モデルは、

 

・VITPILEN701
・VITPILEN401
・SVARTPILEN701
・SVARTPILEN401
・SVARTPILEN250

 

の5つのラインナップとなる。

 

その他の「VITPILEN250」については、出るとは思うが、Husqvarna(ハスクバーナ)の日本語のサイトには、いまのとことは掲載されていないので、時間差で発売ということもあり得る。

   

VITPILEN と SVARTPILEN の違い

スウェーデン語で、VITPILEN(ヴィットピレン)は「白い矢」を、SVARTPILEN(スヴァルトピレン)は「黒い矢」を、それぞれ意味する。

 

VITPILEN(ヴィットピレン)とSVARTPILEN(スヴァルトピレン)は、共に、エンジンやフレームなどは共通しており、ベースは、どちらも、KTMの「DUKE(デューク)」となる。

 

2台の大きな違い、そして特徴は、ハンドルタイヤ

 

・「セパレートハンドル」と「オンロードタイヤ」
… VITPILEN(ヴィットピレン)

・「アップハンドル」と「ブロックパターンタイヤ」
… SVARTPILEN(スヴァルトピレン)

 

となっている。

 

そのほかは、シート高や車重、ディテールやカラーリングが微妙に違ってくる。

 

もちろん、味付けが違うので、乗り味も異なるようだ。

おわりに

VITPILEN(ヴィットピレン)とSVARTPILEN(スヴァルトピレン)の違いは、実際に試乗していないので、今回は書けない。

 

また、排気量による違いも、同様に試乗していないので、わからない。

 

2020年モデルでは、排気量の違いまで含めると、6種類の前後のピレン・シリーズが登場することになるが、どれも気になって仕方がない。

 

250ccも含めて、ピレン・シリーズの2020年モデルが、日本でも試乗できるようになったら、ぜひ試乗してみようと思う。

 

そして、もしも、気に入ったら、どれか1台を買ってみようと思っている。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました