ハーレーのバンクセンサーとは?【ボルト?ネジ?ステップ裏のそれがバンクセンサー!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
バンクセンサー HERITAGE CLASSIC
この記事は約4分で読めます。

最近のハーレーにも、「バンクセンサー」がついている。

 

「バンクセンサー」と聞くと、知らない人は、どのようなものを想像するだろうか?

 

バイク初心者の私は、

「バンク角を測定する電子的なセンサーかな?」

と思った。

 

しかし、実際は…

   

バンクとは?

二輪車(バイク)の走行は、車体を内側に寝かす(倒す)ことで、コーナー(カーブ)を曲がることは、教習所でも、はじめのころに習ったと思う。

 

この、車体を内側に寝かす(倒す)ことを、「バンクさせる」という

 

そして、このとき、バイクが、どのくらい地面に向かって、倒れて(寝て)いるのかを表しているのが「バンク角」だ。

 

バイクの車体が、あまり倒れて(寝て)いなければ、「バンク角が浅い」、大きく倒れて(寝て)いれば、「バンク角が深い」などと形容する。

 

ちなみに、最近のMotoGPのバンク角は、65度を超えていると言われている。

ここまでバンク角が深いと、もはや、倒しているのか、転んでいるのか分からないほどだ。

バンクセンサーとは

さて、「バンク」の意味が分かったところで、いよいよ、「バンクセンサー」とはなにか?ということになる。

 

センサー」なんて名前がついているが、「バンクセンサー」とは、電子的なセンサーなどではなく、超アナログなものだ。

 

「バンクセンサー」とは、ステップバーの下に付いている突起物のことで、最近のスポーツバイクでは、その部分だけが捩じ込み式になっていて、交換可能なタイプが多い。

 

そして、コーナーを攻めるイメージのない、私のハーレーにも「バンクセンサー」がついていた。

 

バンクセンサー

ステップボードとバンクセンサー

 

写真のように、「バンクセンサー」を、ひとことで言ってしまうと、「ネジ」とか「ボルト」の類のものだ。

 

そして、バイクをバンクさせたときに、

「バイクセンサー」が路面に接したところが、そのバイクのバンク角の限界ですよ!

という合図だ。

 

そう、「バンクセンサー」とは、そのバイクの「バンク角の限界」を知るためのセンサーなのだ。

 

「バンクセンサー」は、バンク角の限界以前では、一切、感知しない。

そのため、「バンク角が浅い」ライディングしかしない人には、「バンクセンサー」の存在事態に気付くこともない。

 

「バンクセンサー」は、もちろん、スポーツスターやダイナ系などの、フロアータイプでない、ステップの裏にもついている。

おわりに

コーナリング中、「バンクセンサー」が路面に接すると、火花が散ったりする。

 

「バンクセンサー」が路面に接すると、ステップは可動式なので、上に跳ね上がるが、あまりに勢いよく接すると、足に衝撃がきたり、一瞬、バランスを崩しかける。

 

さらに酷い場合は、転倒するかもしれない。

そのため、闇雲にバンクさせるすぎるのは、危険だ。

 

自分の足の一部を「バンクセンサー」代わりにするという方法も、今度、試してみようと思う。

 

「バンクセンサー」が路面に接すると、当然、「バンクセンサー」=「ネジ・ボルト」は、削れていく。

そんなことを繰り返しているうちに、気が付くと、「バンクセンサー」自体が、無くなっていることがあるようだ。

 

「バンクセンサー」がなければ、それだけ「バンク角が稼げる」のだが、「バンクセンサー」がなければ、限界を超えたときには、車体が直接、地面に接してしまう。

 

そのため、「バンクセンサー」がなければ、削れたり、傷が付くのは、「バンクセンサー」ではなく、おもに、「ステップ」や「マフラー」などの車体ということになる。

 

どのみち限界を超えることはできないのだから、「バンクセンサー」は、あったほういいだろう。

そして、「バンクセンサー」が無くなっていないか、左右のステップを、定期的にチェックしたほうがいいと思う。

 

どうしてもバンク角が足りないという人は、もしかしたら、乗るバイクを間違えたのかもしれない。

 

以上、「センサー」というからには、どんな精密なものかと思ったら、じつは、ただの「ネジ」や「ボルト」のようなものが、「バンクセンサー」だったという話だった。

   

コメント

 
 

About Me

HIRO

突然 ハーレーに魅せられてしまった40代。

バイク経験ゼロだったので、大型自動二輪のライセンス取得からのハーレーライフ。

相棒は、VIVID BLACKの HERITAGE CLASSIC(FLHC)2018年モデル。

ブログ収益で、相棒のカスタマイズ費用捻出を企んでいる。

生息地は北関東。求むハーレー仲間!

○ カスタマイズ済
・給排気(マフラー・エアクリーナー)
・EFIチューニング

○ カスタマイズ予定
・シート
・ハンドル
・グリップ
・ミラー
・サイドナンバー化
…ほか

HIROをフォローする
   
 

★ハーレー用の偽物パーツに注意!★

 

近年、ネットで注文して入金したけど商品が届かない偽物が届いたという被害が増えている。

実店舗を持つハーレーパーツのネットショップといえば、横浜のPine Valley(パインバレー)が有名だ。

また、Pine Valley(パインバレー)では、メカニックが技術的なサポートを行っているので、購入後のサポートも充実している。

 

★★ 横浜 ハーレーパーツ・インジェクションチューニングのパインバレー ★★

⇒ Pine Valley(パインバレー)TOPページ

⇒ ハーレーのカスタムパーツを探す

⇒ ハーレー純正パーツを探す

⇒ ハーレーに似合うヘルメットを探す

⇒ バイカーグッズを探す

⇒ ガレージ・メンテナンス用品を探す

⇒ ハーレーのマフラーを探す

⇒ ハーレーエアクリーナーを探す

⇒ インジェクションチューニング(燃調)デバイスを探す

⇒ スマホで燃調!FP3【日本正規品・サポート付】

 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました