ヘリテイジクラシックのハンドルカスタマイズ【1/4インチの六角レンチ編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
HARLEY DAVIDSON CUSTOMIZE
この記事は約6分で読めます。

給排気(マフラー・エアクリーナー)のカスタマイズとEFIチューニングまで行った、2018年モデルのヘリテイジクラッシック(FLHC)だが、納車当時から、ずっとカスタマイズしたいと思っている箇所がある。

 

それは、ハンドルだ。

スカイハイバーとまではいかなくても、ほどほどのエイプハンガーが好みの私にとって、純正のハンドルは、少し物足りない。

 

いずれは、高さ14インチ(ライザー込み)くらいの、エイプハンガーに交換する予定だが、その前に気になったことがあったので、試してみた。

 

今回のカスタマイズに使用したのは、1/4インチの六角レンチのみだ

   

ストリートボブ(FXBB)

まずは、この写真を見てほしい。

FXBB

ストリートボブ(FXBB)

 

この写真は、ノーマルのストリートボブ(FXBB)だ。

いま思えば、新車を買うなら、ベース車両は、FXBBで良かったのかもしれない。

 

しかし、FXBBは、メーターがフューエルタンク上になく、しかもデジタルなのが、私にとっては、残念な点だ。

 

私がこの写真をみて、

「そうそう、この感じ!」

と思ったのが、フロントフォークからまっすぐに伸びる、ミニエイプハンガーだ。

ヘリテイジクラッシック

残念がら、ヘリテイジクラッシックは、ノーマル状態では、ハンドルが、若干、手前に倒れている。

 

Harley Davidson

ヘリテイジクラッシック(FLHC)

 

しかも、太さ1インチのハンドルは、マッチョなボディに対して、若干、細くて貧弱に見える。

これは、ワタシ的には好みではないので、いずれ、ハンドルは交換する予定だ。

 

しかし、今回、あることに気がついてしまった。(納車3ヶ月にして気づくとは遅すぎだ。)

   

ハンドルの角度調整

納車3ヶ月にして気がついた、ハンドルについてのあることとは、

ハンドルの角度は、調節可能なのでは?

ということだ。

 

そう、思い立ったので、早速、ハンドルの角度を調整してみた。

使用する工具は、1/4インチの六角レンチ1本のみだ。

六角レンチは、ハーレー純正や社外パーツで、意外と使われているので、セットで持っておくと便利だ。

 

 

ライザー

ハーレーの純正ハンドルは、ライザーと呼ばれるパーツに取り付けられている。(ライザーを交換するだけでも、ハンドルの高さを変えられる。)

 

ハンドルを交換するときには、ハンドルの太さが変わると、このライザーも一緒に交換する必要があるので、ハンドルの太さを変更したい場合には、気をつけよう。

 

また、社外のハンドルには、ライザー一体型もあるので、好みにあわせて選ぼう。

ハンドルの角度調整方法

さて、ハンドルの角度調整方法だが、非常に簡単だ。

使用するのは、1/4インチの六角レンチ1本のみだ。

 

ヘリテイジクラッシックのノーマルのライザーには、ボルト4本でハンドルが固定されている。

 

ライザー

純正のライザー

 

この4本のボトルを1/4インチの六角レンチで緩めて、ハンドルの角度調整してから、再び締め込んでやればいい。

たったのそれだけだ。

 

1/4インチの六角レンチさえあれば、自分でも簡単にできる。

   

おわりに

六角レンチは、セットで持っていたので、さっそく、角度調整を行ってみた。

するとどうだろう。

ノーマル

 

ハンドルの角度調整後

 

こんな簡単な調整で、私の好み通り、フロントフォークから、真っすぐ伸びるミニエイプハンガーになった。

 

そして、嬉しいことに、ハンドルの角度を調整しただけなのに、若干、ハンドルは高くなった。

そのため、乗った感じのポジションも当然、変わった。

 

やはり、今までは、後ろに倒れすぎていたようだ。

このほうが、乗りやすい気がする。

 

ハンドルを高く、太くするのは、意外とお金がかかるのだ。

新しいハンドル代に加えて、新しいライザー代も必要になる。

 

そして、ハンドル高さが高くなると、ブレーキやクラッチのホースも交換になる可能性が高い。

それらにプラスして、交換工賃もかかる。

もしかしたら、また、20万円コースかもしれない。

 

もちろん、今回の角度調整で、ハンドルの太さまでは変わらないが、ハンドルの交換費用が用意できるまで、しばらく、これで乗ってみようと思う。

 

ハンドルの角度調整などという、単純なことに、なぜ、いままで気が付かなかったのだろうか。

 

しかし、見れば見るほど、ベース車両は、「ストリートボブ」か「ソフテイルスリム」で良かったと思えてならない。

   

【追記】レバー・計器類の調整

ハンドルの角度調整により、ポジションが変わって乗りやすくなったのだが、走っていると、何か違和感がある。

それが何であるか、すぐに分かった。

 

ハンドルを奥へ調整したので、

ブレーキレバーやクラッチレバーも、一緒に奥へ移動してしまったのだ。

そして、

ウインカーなどの計器類は上へ移動してしまった。

 

これでは乗りづらい。

ということで、レバーと計器類が一体となっている部分を、手前に引き戻すという調整が必要になった。

 

そして、この調整に必要な工具が、六角レンチではなく、T型トルクスレンチだった。

しかも、2種類も必要だ。

サイズは、T-25T-27の2種類だった。

 

 

 

 

また、ミラーを調整する際に、ミラーが緩んでしまった場合には、その締め込みに、1/2インチのソケットレンチか、1/2インチのスパナが必要になる。

   

コメント

 
 

About Me

HIRO

突然 ハーレーに魅せられてしまった40代。

バイク経験ゼロだったので、大型自動二輪のライセンス取得からのハーレーライフ。

相棒は、VIVID BLACKの HERITAGE CLASSIC(FLHC)2018年モデル。

ブログ収益で、相棒のカスタマイズ費用捻出を企んでいる。

生息地は北関東。求むハーレー仲間!

○ カスタマイズ済
・給排気(マフラー・エアクリーナー)
・EFIチューニング

○ カスタマイズ予定
・シート
・ハンドル
・グリップ
・ミラー
・サイドナンバー化
…ほか

HIROをフォローする
   
 

★ハーレー用の偽物パーツに注意!★

 

近年、ネットで注文して入金したけど商品が届かない偽物が届いたという被害が増えている。

実店舗を持つハーレーパーツのネットショップといえば、横浜のPine Valley(パインバレー)が有名だ。

また、Pine Valley(パインバレー)では、メカニックが技術的なサポートを行っているので、購入後のサポートも充実している。

 

★★ 横浜 ハーレーパーツ・インジェクションチューニングのパインバレー ★★

⇒ Pine Valley(パインバレー)TOPページ

⇒ ハーレーのカスタムパーツを探す

⇒ ハーレー純正パーツを探す

⇒ ハーレーに似合うヘルメットを探す

⇒ バイカーグッズを探す

⇒ ガレージ・メンテナンス用品を探す

⇒ ハーレーのマフラーを探す

⇒ ハーレーエアクリーナーを探す

⇒ インジェクションチューニング(燃調)デバイスを探す

⇒ スマホで燃調!FP3【日本正規品・サポート付】

 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました