大型自動二輪免許 クランク克服のコツ【ライン取りとクラッチ操作】

Harley-Davidson MOTORCYCLE LICENSE
この記事は約5分で読めます。

大型自動二輪免許の検定課題のひとつに「クランク」がある。

人によっては、何の苦労もない課題かもしれないが、苦手な人も多いようだ。(はじめは私も簡単だったのだが…)

 

私も、教習中に、いろいろ考えすぎてしまい、曲がれなくなってしまった。

それからというもの、なんども転倒し、完全に苦手意識がついてしまった。

幸い、教習終盤には、克服したはずだったのだが…

 

あろうことか、卒業検定(卒検)で「クランク」のパイロンを倒し、「一発アウト」になってしまった。

 

しかし、じつは、「クランク」攻略は、意外と簡単なのだ。

難しく考えるから、うまくいかないだけだ。

⇒ 普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

   

「S字」と「クランク」の違い

クランク」と似たような課題に、「S字(8の字の半分)」がある。

ともに、タイムの設定は設けられていないので、自分のペースで通過すればいい。

 

「S字」は「クランク」のとは違い、バイクを多少、傾けても大丈夫だ。

私のなかでは「S字」は、どちらかというと、ゆったりとした「スラローム」に近い。

 

しかし、「クランク」の場合は、バイクを傾けると、パイロンに接触してしまうので、バイクは立てたまま通過しなくてはいけない。

つまり、「クランク」は、交差点のように、ハンドルを切って曲がる必要があるのだ。

 

また、教習所によっても違うかもしれないが、「S字」は2速で、「クランク」は1速で通過することが多いと思う。

 

これらが、「S字」と「クランク」の大きな違いだ。

「S字」と「クランク」の共通点

ここまで、「S字」と「クランク」の違いを見てきたが、実は共通点もあり、そこが「クランク」攻略のカギになる。

 

コース上の「クランク」は直線的だが、「クランク」も「S字」のように、S字ライン(曲線的)に通過すればいい

 

ただし、「S字」よりも道幅が狭く、パイロンが内側に立っているので、「クランク」は、「S字」よりも速度を殺す必要がある。

 

そこは、「S字」が2速なのに対して、「クランク」では1速を使うことで対応する。

   

クランクのコツ

「S字」を通過するときは、2速でクラッチは繋ぎっぱなしで、リアフレーキでスピードを調節しながら通過する。

もちろん、目線はワンテンポ早く、進行方向を向いていなくてはならない。

 

はじめのうちは、2速での「S字」走行も早くて怖く感じたが、慣れればなんてことはない。

ただし、「S字」の場合は、多少、バイクを傾けても大丈夫だが、「クランク」では、それができない。

 

「クランク」のコツは、

ギヤを1速にして、クラッチを繋いだまま、フットブレーキのみで、速度を調整しながら、直線的ではなく、S字に近いライン取りで、サラッと通過してしまえばいい。

*コースの勾配(コースが上りか下りかフラットか)で、クラッチ操作は変わってくるので、自分の教習所のコースにあったクラッチ操作を指導員(教官)に教えてもらおう!

 

本来なら、「半クラ」と「リアフレーキ」でスピードをコントロールしながら、ハンドル操作で「クランク」を抜けられればいいのだが、それをやろうとすると、意外に難しい。

 

場合によっては、遊びを残して、クラッチを切ってしまってもいいかもしれない。

 

スピード調整は、「リアフレーキ」のみで行う。

必要以上に、速度を殺す必要はない。

 

「1本橋」も、「S字」も「クランク」も、フロントブレーキは、一切、使わない

 

というか、使ってはいけない。

そのような場面で、フロントブレーキを使ってしまうと、簡単にバランスを崩す。

 

「1本橋」、「スラローム」、「S字」、「クランク」、「波状路」、

つまり、

ほとんどの検定課題では、「なるべく」ではなく、「絶対に」フロントブレーキは使わないほうがいい。

   

まとめ

「クランク」は、その形通りに、カクカクした直線的なラインを通過しようとしてはいけない

 

「S字」のように、曲線のラインをイメージして通過しよう

 

本来は、「半クラ」と「リアフレーキ」で、うまく低速のスピードコントロールをするべきなのかもしれないが、それが上手くできない人は、クラッチを切ってしまい、リアフレーキで速度調整をしながら、ライン取りのみに集中して走行してみることをおすすめする。

 

くれぐれも、近くのパイロンを見すぎないように、目線の移動忘れずに、ライン取りだけに集中して、しっかりとハンドルを切って、サラッと通過してしまおう。

 

画像出典:タンデムスタイル

 

「クランク」のコツをまとめると、

・直線ではなく、曲線をイメージして通過する
・目線を、早めに頭ごと行きたい方法に向ける
・バイクは傾けず、早めにハンドルを切る
・リアフレーキでスピートコントロール
・フロントブレーキは使わない
・速度を殺しすぎない
・クラッチ操作は勾配による

ということになる。

もちろん、「ニーグリップ」も忘れずに。

 

「ニーグリップ」、「目線の移動」、「リアフレーキを使う」、「フロントブレーキを使わない」は、他の課題でも共通なので、クランクだけのコツとしては、

・直線ではなく、曲線をイメージして通過する
・バイクは傾けず、早めにハンドルを切る

に気をつけると上手くいくと思う。

 

出来る人からすると、

「なんでそんなことができないの?」

という感じかもしれないが、苦手意識がついてしまうと、なかなか克服できなくなる。

 

しつこいようだが、

ニーグリップ」と「目線の移動」だけは、意識しなくても出来るようにして、

・直線ではなく、曲線をイメージして通過する
・バイクは傾けず、早めにハンドルを切る

の3つを意識して、「クランク」を克服して欲しい。

⇒ 普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました