2020年ゴールデンウィークは我慢のウィーク⁉【ツーリングは三密なのか⁉】

   
BOBBER TFC CURRENT EVENTS
この記事は約3分で読めます。

2020年のゴールデンウィークは、いつもとは違う。

 

新型コロナウイルスによる、緊急事態宣言や外出自粛要請により、観光スポットや飲食店は、ほとんぼが閉まっている。

 

自治体によっては、わざわざ、知事が緊急速報メールを流して、自粛要請を呼びかけたりもしている。

 

GWは、我慢のウィークです!

今は、できるだけ家にいてください!

外出自粛の徹底をお願いします!

 

ここまでくると、なんだか滑稽にすら思えてくる。

   

2020年 ゴールデンウィーク

「こんなところ、絶対に大丈夫だろうに…」

という、山の中の施設などにも、今は、入れなくなっている。

 

せめて、自動販売機くらい、使わせて欲しい。

 

また、通常であれば割引が適応される高速道路料金も、2020年のゴールデンウィーク中は、割引適応外となっている。

 

まったくもってひどい話だ。

 

この分は、「Go Toキャンペーン」だかなんだか知らないが、ぜひとも、高速道路料金を無料にして埋め合わせてもらいたい!

ツーリングは三密⁉

そんな感じで、2020年のゴールデンウィークは、いろいろ不自由ではあるが、それでも、バイクに乗ってツーリングをすることはできる。

 

ヘルメットをかぶって、バイクに乗って帰ってくるということは、はたして「三密」になるのか?という疑問に対する答えは、「ノー」であることは間違いない。

 

ただし、「無事に帰って来れない」という場合は、各方面に迷惑がかかるので、十分に注意が必要だ。

 

しかし、新型コロナウイルスの感染があろうがなかろうが、バイクには安全第一で乗るべきだ。

 

2020年のゴールデンウィークは、多くの店が閉まっているなど、不自由な面も多いが、どこへ行っても道路が空いていて、渋滞などもほとんどないので、走りやすいことこの上ない。

おわりに

バイクツーリングに限らず、自然の中を散策したり、魚釣りをしたり、山に登ったり、自転車に乗ったり…といった行為のすべてが、自粛要請の対象になるなんて、普通に考えて、おかしいと思わないのだろうか?

 

自粛を求める側の言い分としては、事故などが起こった際に感染が拡大するとか、感染者を救助した場合、救助隊が自宅待機になるなど、もっともらしい理由なのだが、そんなことを言い出したら、生きていけない。

 

そういう人たちは、ひたすら安全を求めて、生涯「ステイホーム」で、暮せばいいと思う。

 

人は、自然に触れたりする時間が必要だ。

 

そして、ウイルスも自然の一部なので、人間は、それらと共存していくしかないのだ。

 

必要以上に菌やウイルスを抑え込んだり、抗生物質などでやっつけようとすると、耐性菌が生まれたり、突然変異などが起こってしまう。

 

そっちのほうが、よほど恐ろしい。

 

さて、緊急事態宣言ならびに、自粛要請はいつまで続くのだろうか?

 

*注意*
あくまでも、個人的な意見を発信しています。

   

コメント

  1. アディ、バーレローソン より:

    いい歳して、自粛を非難する事はやめるべき、だから、ハーレー乗りは嫌われる。

    • HIRO CRUISE HIRO CRUISE より:

      アディ、バーレローソンさん

      コメントありがとうございます。
      おっしゃるとおりです。
      引き続き、より一層の自粛をよろしくお願いいたします。

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました