KOMINE(コミネ)のバイク用防寒フリースマスクは暖かい!【ヘッドキャップ着用がおすすめ!】

   
MOTO FANGO APPAREL-GEAR
この記事は約4分で読めます。

KOMINE(コミネ)のバイク用防寒フリースマスクをヘルメットの下にかぶったり、かぶらなかったりしてテストしてみたので、感想を書いてみる。

 

はじめに、結論を書いてしまうと、これがあるのとないのとでは、暖かさがぜんぜん違う。

 

以前、このようなフルフェイスマスクをかぶっている人を見かけたときは、「少々、大げさだな」と思ったが、そんなことはなかった。

 

寒い冬には、あると助かるアイテムだ。

   

フルフェイスマスク

フルフェイスマスクは、スキーやスノボなどのウィンタースポーツや、雪山登山などのアウトドアで使用する人が多いというイメージだったが、冬にバイクに乗るときの体感温度は、かなり低いので、このような防寒グッズは必要だ。

 

KOMINE(コミネ)のバイク用防寒フリースマスクは、ネックウォーマーとして仕様しても暖かいが、この商品を使うなら、ネックウォーマーだけでなく、ヘッドキャップもかぶるのがおすすめだ。

 

夏は、暑くてヘルメットをかぶるのが嫌だったが、寒くなると、だんだんヘルメットがありがたく感じてくる。

 

しかし、さらに寒くなると、ヘルメットをかぶっていても寒い。

 

すると、フルフェイスヘルメットが欲しくなってくるのだが、ジェッペルやオフヘルを使っていても、このような防寒グッズを使えば、少しは暖かくハーレーに乗ることができる。

 

 

それでも寒ければ、あとは、フルフェイスヘルメットを買うしかない。

   

ヘルメットインナーキャップ

ヘッドキャップの脱着で、髪の毛がぐちゃぐちゃになるので、その下に、COOLMAXのヘルメットインナーキャップをかぶるといい。

 

ヘルメットインナーキャップは、Shinobu Ridersがおすすめだ。

 

 

私は、ニットキャップタイプが好きなので、こちらを使っている。

 

コミネ製のニットキャップタイプも試してみたが、こちらはゆるゆるで、ただのニットキャップとしてかぶるにはいいが、ヘルメットインナーキャップとしては、Shinobu Riders製のほうが使いやすいと思う。

 

どちらも、素材は、たぶんほぼ同じだと思う。

 

 

ヘルメットインナーキャップは、色モノや柄モノもあるが、ブラックを買っておけば間違いない。

KOMINE(コミネ)バイク用防寒フリースマスク

KOMINE(コミネ)のバイク用防寒フリースマスクは、以下のように、いくつかの使い方ができる。

 

コミネ

 

KOMINE(コミネ)のバイク用防寒フリースマスクの特徴は、メーカーの説明では、以下のように書かれている。

 

・GPマスクのように被れるヘッドウエア

・ネックウォーマーやマスクとしても使用可能

・フリース部分は二重使いのため、保温性は抜群

・ヘッドキャップ付きなのでヘルメットを被った時にズレにくい

 

おわりに

KOMINE(コミネ)のバイク用防寒フリースマスクを、ヘッドキャップもかぶって使ってみたが、とても暖かかった。

 

それは、次にヘッドキャップをかぶらないで、ハーレーに乗ったときに感じた。

 

防寒対策として使うなら、ヘッドキャップもかぶったほうがいい。

 

ヘルメットをかぶってしまえば、わからないので、かぶらない理由がない。

 

あるとすれば、髪型の乱れくらいだが、ヘルメットインナーキャップをかぶれば、それも解決する。

 

冬でも、ジェッペルうやオフヘルの人には、とてみおオススメのアイテムだ。

 

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました