MVアグスタ ブルターレ 800 ロッソのステップ交換【見た目と食いつきのよさにビックリ!】

   
PARTS-GEAR
この記事は約3分で読めます。

先日、立ちゴケして割れてしまった、ブルターレ800ロッソのステップを、早急に直したかったので、ヤフオクで落札することにした。

 

それが、意外と早く届いたので、早速、交換してみようと思ったのだが、初めてのことで、ユーチューブで検索してみたり、やり方を教わっても、自分では交換することが出来なかった。

 

実際の交換作業を見てみれば、何てことはないのだが…

 

何事も、「百聞は一見に如かず」だ。

   

ステップ交換

ブルターレのステップ交換には、

 

・マイナスドライバー

・ラジオペンチ

・ハンマー

・六角レンチ(5mm)

 

など、ごくごく一般的な工具があればいいのだが、寸法がキツキツで、意外とうまくハマらなかったり、バネがうまくハマらなかったりと、イライラすることになるかもしれない。(見ていてそう思った。)

 

また、今回、交換したステップは、ブルターレ800ロッソにも、一応、適合はしていたのだが、ステップの外寸法が若干、違っため、取り付けてみたら、隙間が大きく空いてしまった。

 

ブルターレ ステップ

 

そのため、片側につき2枚ずつ、計4枚のワッシャーをかませた。

 

ブルターレ ステップ

 

六角レンチは、取付部とステップ部が、可動式のため必要だったが、ステップの種類によっては不要となる。

 

ブルターレ ステップ

 

これにより、ステップの角度調整や、ステップ部だけの交換も可能となる。

 

ただし、ボルトの緩みは、定期的にチェックが必要なので、一長一短という感じだ。

プロにお願い

原理が分かっている人や、いちど交換したことがある人であれば、自分でもできると思うが、私のように初めてで、しかもメカに詳しくない人は、諦めてプロに依頼したほうがいいと思う。

 

私も、いちどは、自分でやろうと試みたが、ピンの外し方からして分からず、結局、ハーレーでいつもお世話になっている、個人のバイクショップへ駆け込んだ。

 

ブルターレ ステップ

 

そこで、1,500円の工賃を払って、交換してもらった。

 

やり方を知っている人からすると、

それくらい自分で出来るっしょ⁉

と言われそうだが、メカ音痴には、やったことのない作業は、けっこう難しい。

 

しかし、もうやり方は分かったので、次回、交換することがあれば、なんとか自分で出来るだろう。

 

作業としては、その程度のレベルだ。

おわりに

折れてしまったステップは、瞬間接着剤でくっつけて、ビニールテープでグルグル巻にしてあった。

 

ブルターレ ステップ

 

その状態で、バイクショップまで行ったが、まったく問題なかった。

 

しかし、いざ、新しいビレットステップに交換して、乗ってみたら、これがびっくりだった。

 

ブルターレ ステップ

 

まったく食いつきが違うのだ。

 

ノーマルの鋳物のステップは、かなり食いつきが悪くて、滑りやすい。

 

おそらく、ステップが折れなかったら、しばらく交換しなかったと思うが、間違いなくステップを交換してよかった。

 

見た目的にも、かなり良くなった。

 

立ちゴケも、役に立つことがあるものだ。

 

ノーマルで、安物のステップがついている場合、ステップ交換は、とてもオススメのカスタマイズだということが分かった。

 

次にステップを交換することがあれば、今度は、ぜひ、バックステップをつけてみたい!

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました