3気筒エンジンのバイクに乗ってみたい!【3気筒は2気筒と4気筒のいいとこ取り⁉】

   
streettriplers-rs MOTORCYCLE
この記事は約4分で読めます。

最近、いろいろなバイクに試乗している。

 

そして、いつも思うのは、ハーレーのような

「2気筒エンジンの鼓動感は、やっぱりいいな

ということだ。

 

とくに、低回転で、まったり走るには、最高だ。

 

しかし、その一方で、4気筒エンジンの鋭い加速にも、惹かれるものがある。

 

そこで、ふと思ったことがある。

 

それは、

3気筒エンジンがいいのではないか?

ということだ。

   

2気筒と4気筒

2気筒エンジンは、自分のハーレーのほかにも、トライアンフの「ボンネビル」シリーズや、BMWの「Rシリーズ」などに、なんどか試乗している。

 

4気筒エンジンは、BMWの「S1000」シリーズや、カワサキの「Z900RS」などに試乗した。

 

水冷と空冷の違いもあるが、2気筒には2気筒の、4気筒には4気筒の特徴が、はっきりとあることが、よく分かった。

 

用途を限定すれば、問題ないのだろうが、どちらのエンジンにも、それぞれに、足りないものがあるような気がする。

 

そこで、思ったのが、

もしかしたら、3気筒エンジンがいいのかもしれない

ということだ。

 

一般的に、3気筒エンジンは、2気筒エンジンと4気筒エンジンの、いいとこ取りのようなバイクと言われる。

 

3気筒エンジンは、2気筒エンジンのトルクと鼓動感、そして、4気筒エンジンのスムーズさと高回転域を、足して2で割ったような傾向になるようだ。

 

確かに、理屈では、そうなりそうだ。

3気筒エンジン

現在、3気筒エンジンのバイクを作っているのは、トライアンフ(英国)MVアグスタ(イタリア)、そして、日本のヤマハくらいだろう。

 

たとえば、

 

・トライアンフには
「Speed Triple」・「Street Triple」・「Rocket Ⅲ」

・MVアグスタには
「 F3 800」・「BRUTALE 800」・「DRAGSTER 800」

・ヤマハ には
「MT-09」・「XSR900」

 

などのモデルがある。

 

そのなかで、比較的、手に入れやすいのは、ヤマハやトライアンフかもしれない。

   

おわりに

いろいろなバイクに乗っているなかで、3気筒エンジンの存在が、気になるようになった。

 

しかし、3気筒エンジン搭載のバイクは、それほど多くはない。

 

さらに、困ったことに、トライアンフの3気筒モデルや、ヤマハの3気筒モデルは、デザイン的に好みではないのだ。

 

トライアンフの2気筒(パラツイン)モデルは好きだが、3気筒モデルは、なんとなく、顔が昆虫(カマキリ)みたいで苦手なのだ。

 

バイクは、エンジンのパワーやトルク、エンジンフィールなども大切だが、それ以前に、デザインが最優先だと思う。

 

個人的には、バイク選びの優先順位としては、

1.デザイン
2.サウンド
3.フィーリング
4.乗りやすさ
5.性能

というような順番になる。

 

2気筒か、3気筒か、4気筒か、

という問題は、バイクの性格を決める、大きな要因であることは間違いないのだが、それでも、やはり、デザイン的に好みでないバイクは選べない。

 

これを書いていて思ったのだが、だから私は、ハーレーに乗っているのだろう。

 

なぜなら、私のハーレーは、5の性能は、いまひとつだが、1〜4については、どれも、まぁまぁ満足しているからだ。

 

それでも、3気筒エンジンは気になる。

 

3気筒エンジンのなかで、個人的に乗ってみたいと思うのは、MVアグスタだ。

 

MV AGUSTAは、「走る宝石」と讃えられるくらい、魅力的なイタリアのバイクだ。(イタリアのものは、どれも魅力的だが…)

 

MVアグスタのディーラーは近くにはないので、簡単には試乗できないと思うが、ぜひ、乗ってみたいバイクだ。

 

しかし、なぜ、現在、3気筒エンジンのバイクを作っているメーカーは、これほど少ないのだろうか?

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました