大型自動二輪免許 取得の年齢制限は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Harley-Davidson MOTORCYCLE LICENSE
この記事は約5分で読めます。

大型自動二輪免許は、満18歳以上であれば取得可能だ。

 

さらには、卒業検定を受けるときに18歳になっていればいいので、17歳のうちから教習所に入校して、教習を始めることも可能だ。

普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

 

では、上は何歳まで可能なのだろうか?

   

大型自動二輪免許の取得上限年齢は?

大型自動二輪免許は、何歳まで取得することが可能なのだろうか?

 

現行の制度では、規定の年齢以上であれば、免許取得年齢に上限はない

 

つまり、満18歳以上であれば、大型二輪大型二輪を取得するために、教習所に通う資格があるということだ。

 

実際の取得の際には、年齢に関係なく、視力検査や聴力検査など、身体機能のチェックも行われるので、それらに問題なければ可能ということだ。

上限がないとは言え…

大型二輪大型二輪を取得するための、年齢的な上限はないとはいえ、通常の普通自動車免許などでも、70歳以上になると「高齢者講習」なるものが行われる。

 

「高齢者講習」の結果次第では、指導員(教官)から免許の返納を薦められることもあるそうだ。

 

個人差はあると思うが、70歳を過ぎてくると、そろそろ、免許の返納も考える年齢となる。

その歳になって、いきなり大型自動二輪免許を取得するというのも、不可能とは言わないまでも、現実的には難しいのではないかと思う。

 

普通自動二輪免許を持っていて、日頃から250ccや400ccクラスのオートバイに乗っているような人のことは分からないが、いきなり大型自動二輪免許の取得に挑戦できるのは、実質的には、50代くらいまでではないだろうか?

 

それに、高齢になってから、仮に大型自動二輪免許を取得できたとしても、その後に乗れる時間は、かなり短いのではないだろうか?

どうしても取りたい人は、まずは、普通自動二輪免許から挑戦するといいのではないかと思う。

 

普通自動二輪が取れるようであれば、そのまま引き続き教習を続ければ、大型自動二輪免許の取得は可能だと思う。

 

それに、仮にそこで諦めたとしても、普通自動二輪があれば、400ccまでのオートバイには乗れるのだ。(ハーレーには乗れないけど…)

   

私の場合

私の場合は、神の啓示を受け(思い立って)40歳代半ばで、大型自動二輪免許取得に挑戦した

二輪車に乗るのは、はるか昔の高校時代に自転車に乗っていたとき以来だ。

50ccのスクーターにすら、ほとんど乗ったことがない。

 

自動車の免許を取ったばかりの頃は、MT(マニュアル車)にも乗って、それなりにカーライフを楽しんでもいたのだが、気がつけば、AT(オートマチック車)や、ハイブリッド車にしか乗らなくなってしまった。

 

思えば、今の自動車は、高燃費で快適だが、まったく面白みがない

かといって、狭い日本の公道で、ポルシェやフェラーリを乗り回すというのも、現実的ではない(買えないけど…)

 

そして、なぜか突然、思い立ってハーレーを購入し、大型自動二輪免許に挑戦した。

おわりに

個人的には、大型自動二輪免許に挑戦するのに、40代なら全く問題ないと思う。

 

ただし、転倒したりしすぎて、恐怖心が根付いてしまうと、なんど挑戦しても、課題を上手くクリアできないかもしれない。

 

大型自動二輪免許を取るためには、体力や運動神経、反射神経なども重要だが、それにも増して、メンタルが重要だ。

 

教習所以外でも、自主練習とかができればいいのだが、なかなかそうもいかない。

 

大型バイクに跨ってみて、怖いと感じるのなら、普通自動二輪から順番に取っていったほうが、結果的には近道になるかもしれない。(女性もその方がおすすめ)

 

たしかに、いきなり大型自動二輪免許に挑戦したほうが、早くて安いすむかもしれないが、それは、補習などを受けずに、検定もすんなりと合格した場合の話だ。

 

何度も補習を受けたり、検定を不合格になってしまえば、最終的には、早くも安くもなくなってしまう。

かえって自身を失う結果にもなりかねない。(失った自身を取り戻すのは大変だ!)

 

はじめに普通自動二輪を取ってから、続いて大型自動二輪免許を取るのは、多少の手間はかかるが、時間も費用も、それほど大きくは違わないので、その方が確実だと思う。

 

また、仮に大型自動二輪免許は諦めたとしても、普通自動二輪があれば、400ccまでのオートバイには乗れるし、ハーレーにこだわらなければ、意外とそれも楽しいと思う。

 

私も教習を受けて、250ccくらいの国産オートバイも欲しいと思うようになった。

250ccクラスの中型バイクには、大型バイクにはない面白さがあると思う。(車でいうとNAの1,600〜1,800ccクラスみたいな感じの楽しさ)

 

というわけで、

何かに挑戦するのに遅すぎるということはないが、大型自動二輪免許に関しては、その後に乗れる年数も考慮して、50代くらいまでには取得しておきたい。

 

*この記事は、あくまでも個人的な見解です。

実際には、やる気さえあれば、60歳でも70歳でも、取得は可能だと思うが、とりあえずは、家族に相談してみるのが懸命だろう。

そして、実際に教習所に行って、説明を聞いたり、教習の様子を見たり、実際に教習車に跨ったりしてみてから決めてもいいと思う。

   

コメント

 
 

About Me

HIRO

突然 ハーレーに魅せられてしまった40代。

バイク経験ゼロだったので、大型自動二輪のライセンス取得からのハーレーライフ。

相棒は、VIVID BLACKの HERITAGE CLASSIC(FLHC)2018年モデル。

ブログ収益で、相棒のカスタマイズ費用捻出を企んでいる。

生息地は北関東。求むハーレー仲間!

○ カスタマイズ済
・給排気(マフラー・エアクリーナー)
・EFIチューニング

○ カスタマイズ予定
・シート
・ハンドル
・グリップ
・ミラー
・サイドナンバー化
…ほか

HIROをフォローする
   
 

★ハーレー用の偽物パーツに注意!★

 

近年、ネットで注文して入金したけど商品が届かない偽物が届いたという被害が増えている。

実店舗を持つハーレーパーツのネットショップといえば、横浜のPine Valley(パインバレー)が有名だ。

また、Pine Valley(パインバレー)では、メカニックが技術的なサポートを行っているので、購入後のサポートも充実している。

 

★★ 横浜 ハーレーパーツ・インジェクションチューニングのパインバレー ★★

⇒ Pine Valley(パインバレー)TOPページ

⇒ ハーレーのカスタムパーツを探す

⇒ ハーレー純正パーツを探す

⇒ ハーレーに似合うヘルメットを探す

⇒ バイカーグッズを探す

⇒ ガレージ・メンテナンス用品を探す

⇒ ハーレーのマフラーを探す

⇒ ハーレーエアクリーナーを探す

⇒ インジェクションチューニング(燃調)デバイスを探す

⇒ スマホで燃調!FP3【日本正規品・サポート付】

 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました