バイクの免許を取ろうとしている人たちへ【諦めなければなんとかなる!】

   
ツーリング MOTORCYCLE LICENSE
この記事は約4分で読めます。

今年も7月になった。

 

1年の半分が終わったということだ。

 

相変わらずの雨や曇りがの日が多く、ムシムシとした日々が続いている。

 

梅雨らしい梅雨だ。

 

今年の梅雨も、雨量は若干、少ないかもしれないが、昨年と同じような感じだ。

 

なぜ、去年の梅雨のことを覚えているのかというと…

   

教習所

昨年(2019年)は、5月2日に大型自動二輪免許を取るために、教習所へ行き始め、5月・6月・7月の3ヶ月かけて、免許を取得した。

 

1年前に、思いきって免許を取って、ほんとうに良かった。

 

もしも、1年ずれていたら、コロナの影響で、教習所に通えなかったり、途中で、教習がストップしてしまったことだろう。

 

ほんとうによかった。

 

教習所では、梅雨(6月)になってから、キャンセル待ちで、連日、予約が取れたので、一気に教習が進んだのを覚えている。

 

雨の夜間教習は、カッパを着て蒸し暑かったり、視界が悪かったり、また、寒い日があったりと、大変だったが、1週間に1回くらいしか予約ができない状況だったので、かなり有り難かった。

 

梅雨のおかげで、教習が進み、本来であれば、6月後半には、免許が取れているはずだったのだが、クランクだけが、どういうわけか苦手になってしまい、2回も卒検に落ちてしまった。

 

そのため、卒業が2週間ほど遅れてしまった。

   

卒検(卒業検定)

卒検に合格すれば、免許取得は目前だ。

 

しかし、卒検に落ちると、補習を受けて、それが終わると、次回の卒検の予約ができる。

 

混んでいれば、すぐに補習が受けられないこともある。

 

仕事をしながら教習所へ通っている場合、混雑具合にもよるが、いちど卒検に落ちると、補習もあるので、1週間単位で、卒検の受験が先延ばしになってしまう。

 

つまり、1週間単位で、免許の取得が遅れることになりかねない。

 

しかも、いちどならまだしも、複数回、不合格になると、メンタル的にもヤバくなってくる。

 

技術的には、すべてクリアできていても、いざ、本番となると、緊張して力が入ってしまったり、焦ってしまったり、コースを間違えたり…と、普段なら普通に出来ることができなくなる。

 

そして、

「もう、これ以上、落ちるわけには行かない!」

と思うと、余計にミスしやすくなる。

 

やはり、最後は、メンタルが重要だ。

   

緊張してもいいことなんてない!

卒検は、余計なことは考えず、ゲーム感覚で臨んだらいいと思う。

 

ゲーム感覚で卒検に臨むとは言っても、タイムや得点なんて、全く気にする必要はない。

 

目指すは、完走だけだ。

 

たとえ、コースを間違っても、大丈夫。

 

もちろん、小さなミスは減点の対象にはなるが、卒検は、高得点を争うゲームではない。

 

とにかく、大きなミスをせずに、完走できたら、それでOKなのだ。

 

ただし、無事に走りきれたとしても、緊張のあまり信号無視など、重大な交通違反を犯してしまうと不合格になる。

 

緊張しすぎると、信号無視をしたことすら覚えていない場合もあるようだ。

 

実際に、同じ卒検グループのなかで、そういう人がいた。

 

緊張しても、よいことなど、なにもない。

 

技術は免許を取ってから、いくらでも練習できる。

 

しかし、そのためにも、まずは、免許を取って、好きなだけバイクに乗れるようにならなくてはならない。

   

おわりに

免許を必要としないクローズドコースで、練習ができればいいのだが、なかなか、そうもいかない人のほうが多いと思う。

 

せいぜい、自転車でバランスの練習やイメージトレーニングくらいだろう。

 

バイクに乗るためには、とにかく、気合と根性で免許を取ってしまうしかない。

 

諦めなければ、なんとかなる。

 

およそ1年前になるが、3回目で卒検に合格したときは、ほんとうに嬉しかったのを、今でも、はっきりと覚えている。

 

おそらく、すべての人生のなかでも、かなり嬉しかった1日の、上位にランクインする1日だったと思う。

 

大げさかもしれないが、苦労したこともあり、ほんとうに嬉しかったのだ。

 

いま現在、教習所で奮闘している人や、これから免許を取ろうとしている人は、とにかく、諦めずに、頑張って免許を取って欲しい。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました