Tシャツ1枚でネイキッドに乗ってみた【やっぱりジャケットは着たほうがよさそう…】

   
肘プロテクター APPAREL-GEAR
この記事は約5分で読めます。

大型自動二輪の免許を取って、もうすぐ1年になる。

 

バイクに乗る、うんざりするほど暑い夏も2回目だ。

 

ここのところ、夏の猛暑や残暑が、年々ひどくなっているように感じる。

 

思い起こせば、昨年の夏も暑かった。

 

ただでさえ暑いのに、日差しを遮るものもエアコンもないバイクに、たとえメッシュであっても、ジャケットを着ることには、やはり抵抗がある。

 

しかも、バイクは、エンジンからの熱もあるので、バイクに乗っていると、上からも下からも灼熱にさらされる。

 

走り出してしまえば、意外と大丈夫なのだが、すでに部屋から出る時点で暑くて、できればジャケットは着たくないという気分になってしまう。

 

というか、ウエストバッグを手に入れたということもあり、誘惑に駆られて、試しに1日、Tシャツ1枚でツーリングに出かけてみた。

   

Tシャツ1枚といっても…

暑い季節になると、Tシャツ1枚で、SSやネイキッドに乗っている人を見かけることがある。

 

私もハーレーでは、よくTシャツ1枚で乗っていたので、気持ちよさはよく分かる。

 

ただし、実際に半袖のTシャツ1枚で乗ってしまうと、たとえ曇り空でも、大変なことになる。

アームカバー

気をつけないと紫外線による日焼けが、ひどいことになるので、半袖でのツーリングは、やめておいたほうがいい。

 

そのため、アームカバーは欠かせない。

 

ただし、アームカバーも、しっかりと上のほうまでカバーしておかないと、写真のような目にあう。

 

日焼け

 

この赤い部分が、腕全体だと思うと恐ろしい。

 

実際に、昨年は、腕の皮が向けた気がする。

 

できれば、男性でも、サンスクリーンを利用したほうがいいのだろう。

インナー

私は、バイクに乗るときには、Tシャツの下にノースリーブのエアリズムインナーを着ている。

 

そうでないと、風圧で腹や背中などが剥き出しになってしまって、かっこ悪い。

 

女性ならまだしも、おっさんの腹や背中は見苦しいだけだ。

 

ということで、私の場合、Tシャツ1枚とはいっても、エアリズムインナとアームカバーも含まれる。

   

肘プロテクター フレックスエルボーガード

今回からは、ハーレーではなくブルターレということで、肘プロテクター(フレックスエルボーガード)も買ってみた。

 

不安感よりも安心感があったほうが、積極的にバイクに乗れるので、必要ないとは思うが、試しに買ってみたのだ。

 

 

しかし、どのような使い方が正しいのか分からないが、アームカバーの上から、この肘プロテクターをつけてみると、私の腕では緩すぎる。

 

肘プロテクター

 

もう少し調整ができると嬉しい。

 

緩すぎて、ときどき、手首の方にズレてきてしまうことがある。

標高が高いと寒い

ウエストバッグが便利だったので、今回のツーリングでは、シャツ1枚でも、荷物に困ることはなかった。

 

 

それほど標高が高くないところを走っているぶんには、Tシャツは、涼しくて快適だった。

 

一緒にいた人は汗をかいていたが、私は、ぜんぜん平気だった。

 

メッシュジャケットでも、着ているのと着ていないのとでは、だいぶ違うようだ。

 

ただ、標高が高いところや、長いトンネルの中などでは、少し寒かった。

 

今回は、最高気温が30度くらいだったので、このくらいの気温であれば、メッシュジャケットを着ていくべきだったかもしれない。

 

しかし、本格的な夏を迎えて、35度〜40度やそれ以上となると、これくらいの服装でちょうどよいか、それでも暑いくらいかもしれない。

 

ただし、安全性に関しては、問題であることは言うまでもない。

   

おわりに

少しだけ乗るなら、シャツ1枚でもいいかもしれないが、長距離となると、やはり、体に風を受け続けるので疲れる

 

また、冬以外のツーリングは、だいたい標高の高いところを目指す場合が多いので、シャツ1枚だと寒いことも十分に考えられる。

 

やはり、フルメッシュでもいいので、ライディングジャケットは着たほうがよさそうだ。

 

ブルターレなどのネイキッドには、ハーレーのようなサドルバッグがないので、1枚、余分に持って行ったり、暑くなったときに脱いだりすることができない。

 

基本的には、止まっていて少し暑いくらいが、走っていてちょうどいいので、よほど暑くないとき以外は、メッシュジャケットを着たほうがよさそうだ。

 

今度、フルメッシュのジャケットでも見に行ってみようかと思う。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました