雨の日の二輪免許 技能教習【雨が降ったらラッキー!】

   
Harley-Davidson MOTORCYCLE LICENSE
この記事は約4分で読めます。

雨が降ったら、キャンセルして、天気のいい日にだけ、技能教習を受けよう。

教習所に、入校したとき、私はそう考えていた。

 

基本的に、

台風や、よほどの大雨にでもならない限り、二輪免許の技能演習が中止になることはない。

 

しかし、

雨の降る量には関係なく、「雷」の場合は中止になる。

「雷」の場合は、危険なので、たとえ教習中であっても、中止になるようだ。

 

今回は、雨の日の二輪免許の技能教習について。

   

中止の判断

教習所の判断で、もしも、技能教習が中止になれば、教習所から連絡が入る

 

そのため、

今日は雨だから、中止だろう。

と、勝手に自己判断して、教習に行かないと、無断キャンセル扱いとなってしまうので注意しよう。

 

もしも、技能教習を休む場合は、こちらから、所定の時間までに、キャンセルの連絡を入れる必要がある。

 

悪天候などで、判断に迷ったら、とりあえず、教習所に電話して、確認してみるのが確実だ。

   

雨の日に技能教習受ける意味

雨の日に、二輪免許の技能教習を受けるかどうかは、季節や時間帯、免許取得を急いでいるのかどうかなどにもよる。

 

たとえば、

真冬で、みぞれ混じりの凍てつく雨が降る、夜間の教習だったら、私ならキャンセルすると思う。

 

しかし、

そんな極端な天候でなければ、雨の日の技能教習も、何度かは受けておいたほうがいいと思う。

雨の日には、雨の日の乗り方があるし、より危険性を認識できる。

 

また、晴れているときに比べると、アクセル、ブレーキ、クラッチなどの操作は、さらに繊細にならざる負えないし、視界もかなり悪くなる。

 

つまり、

雨の日に上手く乗ることができれば、より上達できるのだ。

 

免許を取ってからも、たとえ出発時には晴れていても、途中から雨に降られるということは、普通に考えられる。

そんなときには、雨の日に受けた技能教習が、きっと役に立つ。

 

さらには、卒検(卒業検定)の日に、雨が降らないとも限らない

 

また、雨の日の教習では、雨の日ならではの乗り方なども、教官から教えてもらえるかもしれない。

⇒ 普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

雨対策

雨具

雨の日の技能教習には、雨具が必要だ。

私の通っている教習所では、「レインウェア(上・下)」と「長靴」が用意されているので、いつも通りの服装で教習所へ行っても問題ない。

もちろん、用意されていない場合は、自分で用意しよう。

蒸れ

しかし、普段よりも、1枚、多く身につけることになるので、暑くなりすぎないように、服装は調節しよう。

「ゴアテックス」などの、透湿性が高いレインウェアでない場合、蒸れるので、よけいに暑くなる。

また、終わった後に、汗を冷やして、風邪を引かないようにしよう。

シールド

顔に関しては、ヘルメットのシールドを使うしかない。

雨の日にシールドを使った場合、視界がかなり悪くなるので、自分のシールドやゴーグルには、撥水加工を怠らないようにしたい。

グローブ

当然だが、グローブは濡れる。

防水性のあるグローブか、濡れてもいいグローブを使おう。

ガード・プロテクター

ガードやプロテクター類は、レインウェアの下に付けたほうが、それらを濡らさずにすむので、終わったときの処理がラクだ。

おわりに

はじめにも書いたが、私は当初、

雨が降ったら、キャンセルして、天気のいい日にだけ、技能教習を受けよう。

と思っていたが、いまでは、まったく逆だ。

 

いまでは、

雨が降ったらラッキー!

である。

 

たぶん、自分のハーレーを、わざわざ雨の日に乗るようなことはしない。

しかし、乗っている途中で降ってしまえば、乗って帰るよりない。

そのときには、きっと雨の日の技能教習が、大いに役に立つだろう。

 

そして、雨の日の教習には、もう一つメリットがあることが分かった。

 

それは、

雨の日は、キャンセルが出やすい

ということだ。

 

つまり、

キャンセル待ちで、乗れる可能性が高くなる。

 

なかなか予約が取れない状態なので、たとえ雨でも、乗れれば嬉しい。

ただし、キャンセル待ちで乗るためには、事前の申込みが必要になるので、雨でもなんでもいいから、どんどん乗りたいという人は、あらかじめ申し込んでおくといいだろう。

 

私は、「キャンセルが出たら、必ず連絡してほしい!」と、お願いしておいたので、けっこう雨の日のキャンセル待ちで乗ることができた。

⇒ 普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

   

コメント

 
 
   
スポンサーリンク
   
タイトルとURLをコピーしました