自動二輪免許の年齢別保有者数は?【迷っている時間が無駄である!】

MOTORCYCLE LICENSE
この記事は約3分で読めます。

警察庁交通局運転免許課の調べによると、平成30年時点での自動二輪の運転免許の保有者数は、以下の通りとなっている。

 

・普通自動二輪免許所持者(中型二輪)…141,617人
・大型自動二輪免許所持者(大型二輪)… 23,981人

出典:警察庁交通局運転免許課

 

全免許保有者数は、8,200万人ほどいるなかで、普通自動二輪免許を持っている人は14.2万人ほど、大型自動二輪免許を持っている人は、わずか2.4万人ほどという少ない人数だ。

⇒ 普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

 

とくに大型自動二輪免許を持っている人は、あまりにも少ない。

データが間違えているのではないのか、と思えるほどの少なさだ。

大型自動二輪免許 保有者数はどれくらい?【大型免許を取ってハーレーに乗ろう!】

 

では、年齢別にみると、どのような割合になっているのだろうか?

   

年齢別保有者

平成30年時点での年代別の自動二輪の運転免許保有者数は、以下の通りとなっている。

 

大型二輪普通二輪
16〜19歳38831,709
20歳〜29歳2,13128,847
30歳〜39歳1,85718,707
40歳〜49歳2,36619,630
50歳〜59歳1,59614,357
60歳〜69歳6,5937,091
70歳〜79歳5,55510,689
80歳以上3,49510,587
合計23,981141,617

出典:警察庁交通局運転免許課

 

これをみる限り、普通自動二輪免許所持者は10代〜20代が多いことがわかる。

 

それに対して、大型自動二輪免許所持者は、60代以降が圧倒的に多いことがわかる。

 

しかし、この結果には注意すべき点がある。

   

過去の免許制度

過去の免許制度では、

・1959年(昭和34年)以前に生まれた人は、いきなり排気量限定なしの自動二輪免許が取得できた。⇒ 現代の60代以降

・1947年(昭和22年)年以前に生まれた人は、普通免許の取得すると、排気量限定なしの自動二輪免許がオマケでついてきた。⇒ 現代の70代以降

という歴史がある。

 

これらを踏まえると、

実際には、60代以降(とくに70代以降)のデータは、あまり当てにならないような気がする。

おわりに

あなたは、いま何歳だろうか?

 

バイク経験ゼロの私は、40代半ばでいきなり大型自動二輪免許に挑戦した。

 

こんなことは言いたくないのだが、40代ともなると、反射神経や体力面など、さまざまな面で、けっこうな衰えを自覚せざる負えない。

 

もっと若い頃だったら、簡単にできたであろうことができない。

情けないと思うが、物覚えも悪くなる。

個人差もあるとは思うが、年齢には勝てないのだ。

 

だから、もしも、あなたがバイクに乗ってみたいと思っているとしたら、急いで二輪免許を取ったほうがいい

若ければ若いほど、免許取得はラクなはずだ。

⇒ 普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

 

そして、免許取得が早ければ早いほど、その先のバイクに乗れる時間が長くなる。

迷っている時間が無駄である。

   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました