大型自動二輪免許 卒業検定(卒検)合格!免許取得期間はどれくらい?

   
MOTORCYCLE LICENSE
この記事は約9分で読めます。

ようやく、大型自動二輪免許の卒業検定(卒検)に合格した!

残るは、運転免許証の併記手続きだけだ。

大型自動二輪免許を取ろう!【卒検に合格したら運転免許証の併記手続きが必要】

 

合宿免許ではなく、仕事をしながら夜間を中心に教習所に通ったら、どれくらいで教習所を卒業できるのか、振り返ってみようと思う。

⇒ 普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

   

教習所入校〜第1段階「みきわめ」

大型自動二輪免許を取るために、教習所へ行って入校手続きをしたのが、5月2日だった。

 

そして、5月5日にハーレー・ダビッドソン(HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック) FLHC 2018年モデル)を契約した。

 

その後、初の技能教習は、5月8日だった。

 

教習所へは、仕事が終わった後の、夜間の時間か土・日に通った。(土日は、ほぼ予約が取れなかったので、多くは平日の夜間)

 

5月は、思いのほか予約が取れずに、補習なしでも、第1段階の「みきわめ」まで終わったのが、なんと6月5日だった。

 

第1段階(14時限)だけで、およそ1ヶ月かかったことになる。

   

第2段階〜第2段階「みきわめ」

第2段階に入ると、同時に梅雨入りして、キャンセルがたくさんでたので、第2段階の17時限は、思いのほか、進みが早かった。

雨の日の二輪免許 技能教習【雨が降ったらラッキー!】

二輪免許の キャンセル待ち をうまく利用しよう!【教習所・キャン待ち】

大型自動二輪免許 梅雨の教習所はおすすめ?

 

第2段階のスタートが6月6日で、卒業検定(卒検)の受験予定日に合わせて予約した、第2段階の「みきわめ」が6月27日だったので、第1段階よりも、だいぶ順調に進んだことになる。

第2段階になると、予約が3時間まで取れるようになるのも大きい。

 

残すは、6月29日の卒業検定(卒検)だけとなった。

卒業検定(卒検)

このまま、順調にいけば、2ヶ月以内で教習所を卒業できるることになる。

 

第1段階の頃は、

「このままだと3ヶ月は、かかりそうだ…」

と思っていたが、梅雨入りのおかげで、だいぶ短縮できたことになる。

 

残すは卒業検定(卒検)だけとなると、なんだか卒業することに、一抹の寂しさを感じたほどだ。

意外と、あっさり卒業することになりそうだった。

 

しかし、そうはならなかった。

6月29日の、1回目の卒業検定(卒検)では、クランクでパイロンを倒してしまい、不合格確定。

大型自動二輪免許 卒業検定(卒検)の結果 その1

 

卒業検定(卒検)が不合格になってしまった場合、1時限の補習を強制的に受けなくてはならない。

 

そして、その補習をその日のうちに受けられれば、すぐに次回の検定の予約をすることが出来る。

とはいえ、その日に補習を受けて、次回の検定が1週間後というのも、期間が空きすぎるので不安だ。

 

私は、検定不合格後、すぐに補習を受けて、次回の検定は5日後の7月4日だった。

その日は、平日だったが、運転運転の併記手続きのために休暇を取っていたのだ。

もちろん、1回目の6月29日に合格するつもりで…

大型自動二輪免許を取ろう!【卒検に合格したら運転免許証の併記手続きが必要】

 

しかし、あろうことか、2回目の卒業検定(卒検)でも、クランクでパイロンに突っ込んでしまい、敢え無く不合格。

決してクランクができないのではなく、苦手意識がどうしても克服できず、本番になるとやらかしてしまうのだ。(メンタル弱すぎ…)

大型自動二輪免許 卒業検定(卒検)の結果 その2

   

全員合格か全員不合格

卒業検定(卒検)は、普通自動二輪と、大型自動二輪が一緒に行われる。(コースは同じではない)

大型の受験生が先で、少し間隔をおいて順番にスタートする。

 

1回目の検定のときは、全部で4人受験(大型2人・普通2人)して、私だけ不合格だった。

私以外は、全員、うまくやったようだ。

 

2回目の検定のときは、全部で4人受験(大型1人・普通3人)して、全員不合格だった。

 

指導員によると、全員合格か全員不合格というパターンが、非常に多いらしい。

一緒に検定を受ける人のメンツや、その日の雰囲気によって、結果が左右されるらしい。

 

誰か大きな失敗をすると、検定のスムーズな流れが阻害される。

雰囲気が悪くなり、空気も重たくなる。

 

そのため、トップバッターは責任重大だ。

2回目の試験のときは、私がトップバッターだったので、大変、申し訳なかったと思う。

二度あることは三度ある?

日本語には、相反する慣用句が存在する。

三度目の正直」と「二度あることは三度ある」も、そのひとつだ。

 

2回もクランクで失敗すると、もはや、どうしていいのか分からない。

補習では、何度でも簡単に通過することができる。

残るは、メンタル面の克服だけだ。

 

2回目の検定後に、すぐに補習を受け、その2日後の7月6日に3回目の卒業検定(卒検)の申し込みをした。

なか一日くらいが、ちょうどいい。

 

もう、前日は、何も考えないようにした。

あれこれ考えると、余計に出来ないような気がしてくる。

まさに、「二度あることは三度ある」という心境になってくる。

 

前日は、あきらめて、早めに寝てしまうという作戦をとった。

考えてみたら、教習はいつも夕方か夜だったので、朝からバイクに乗るのは、卒業検定(卒検)のときくらいのものだ。

 

これまで2回の検定では、身体が目覚める前に検定に臨んで、思わずやらかしてしまったのかもしれない。

私の身体は、午前中は、なかなかエンジンがかからないようだ。

とにかく、早く寝て、検定当日は早く起きて、検定に臨むことにした。

 

そして、余計なことは何も考えず、「なるようにしかならない」という気持ちで、淡々と走ることにした。

 

実際に、出来ない課題は何もないのだから、普通に走れば合格するはずなのだ。

   

三度目の正直

3度目の検定のときは、天候は曇りで、路面はウェット。

今回の検定も、暑くもなく寒くもなく、最高の状態だった。

梅雨の真っ只中に、3回も検定を受けて、路面がウエットなことはあっても、雨に降られることは、一度もなかった。

 

そして、3度目の検定のときは、全部で6人(大型1人・普通5人)が受験した。

大型が先なので、今回も、私がトップバッターという重責を担うことになった。

責任重大だ。

 

結果は…

なんと、6人が全員合格だった!

 

私も、なんとかトップバッターの責任を果たすことができ、それぞれがみな、細かなミスはあったにしろ、全員、無事に走りきった。

 

私などは、コースを間違えたりもしたが、クランクが通過できた時点で合格を確信していたので、もはや、そんなことで動揺することはなかった。(3回目だし…)

 

そして、クランク以外は、タイムなどは一切、気にぜずに、適当に流した。

ホワイトベース教習所

教習所に通う前は、大型自動二輪免許は、簡単に取れるだろう(金で買うようなもの)だと思っていた。

 

しかし、実際に通いだしたら、大型バイクの操作は、想像以上に難しく、また、予約も取りづらかったので、いきなりの大型自動二輪免許の取得への挑戦は、思いのほか大変だった。

大型自動二輪免許を取ろう!人生は思い通りにならないが…

 

教習所に通っている人のなかには、心が折れそうになる人もいるかもしれない。

多くの人がそうすると思うが、現代人には、youtubeという強力な味方が存在する。

 

そして、多くの人は、「ホワイトベース教習所(二宮さんのチャンネル)」に行き着くと思う。

 

私も、暇さえあれば、二宮さんさんの動画を見ていた。

二宮さんには、とても感謝している。

この場を借りてお礼を言いたい。

 

ただし、教官ひとりひとりもそうだし、youtubeなどの動画でもそうだが、皆が皆、同じ方法で教えはいない。

 

そこで、操作方法に迷いが生じることもあるのだが、いろいろ試して、それぞれの教習所ごとのコースに合ったやり方でやるしかない。

 

基本的には、教習所の指導員(教官)は選べない

自分に合う教官もいるし、合わない教官もいると思う。

 

共通する教えもあるにせよ、教え方も、指示も、ほんとに人それぞれだ。

しかし、それについて文句を言っても始まらない。

 

いろいろ試して、自分に合ったやり方を見つけるしかない。

そして、自分自身が上手くなれば、そのどのやり方でやっても上手く出来るようになる。

 

それぞれの教えは、決して間違っているわけではないのだ。

ただ、アプローチが違うだけだったりする。

   

おわりに

大型自動二輪免許取得について、まとめると、

・教習所に入校したのが、5月2日
・初の技能教習が、5月8日
・第1段階終了(みきわめ)が、6月5日
・第2段階終了(みきわめ)が、6月27日
・卒業検定(卒検)1回目が、6月29日
・卒業検定(卒検)2回目が、7月4日
・卒業検定(卒検)3回目が、7月6日
・免許の併記手続きが、7月10日(予定)

ということで、

ざっと、2ヶ月で大型自動二輪免許が取れた

ことになる。

 

その2ヶ月間、私のハーレー(HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック) FLHC 2018年モデル)は、ディーラーの倉庫でホコリを被っていた。

 

大型自動二輪免許の取得については、思いのほか大変だったというのが、正直な感想だが、悪戦苦闘しただけ、合格発表の瞬間は本当に嬉しかった。

 

そして、近年稀に見る、大きな達成感があった。

すんなりと、1回目の検定で合格していたら、ここまで嬉しくなかったかもしれない。

 

歳とともに、何かに挑戦するということは、少なくなると思うが、少しでもその気になったら、ぜひ挑戦して欲しい。

 

なぜなら、時間とともに、その気持ちは薄れ、いつの間にかなくなってしまうが、一歩を踏み出してしまえば、あとは頑張るしかない。

 

また、人は、自分のお金を払ってしまうと、途中で諦めることができなくなるという習性がある。

ハーレーと教習所に、300万円以上使ってしまえば、そう簡単に、途中で諦めるわけにはいかないではないか。

 

逆に、お金を払う前であれば、なんだかんだ言い訳を見つけてきて、諦めることは、とても簡単だ。

ぜひ、決意表明として、夢に対して、お金を前払いしてしまおう!

 

私たちは、あれこれ我慢をして、お金を握りしめて死んでいく人生だけは、避けなければならない。

 

このブログを立ち上げてから、2ヶ月以上かかって、ようやくハーレーライフが始まることになる。

今年は梅雨が長いが、それも大型自動二輪免許取得の助けになったので、我慢することにする。

いろいろと準備しながら、梅雨明けを待とうと思う。

⇒ 普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

   

コメント

 
 
   
スポンサーリンク
   
タイトルとURLをコピーしました