脱ガソリン車化の先にある未来【ライドシェア、自動運転…そして車は空を飛ぶ】

空飛ぶ車CAR
この記事は約8分で読めます。

2019年の7月、大型自動二輪の免許取得を待って、ハーレー(FLHC)を納車した。

 

しかし、すぐにハーレーでは物足りなくなってしまった。

 

ワインディングが楽しいいバイクに乗りたくなり、2020年の4月、MVアグスタのブルターレ800ロッソを納車した。

 

そして、ブルターレ800を納車してから、めっきりハーレーに乗らなくなってしまった。

 

ハーレーにはハーレーの良さがあるとは思うが、私にとっては、乗っていても、あまり楽しくない。

 

それに比べて、ブルターレは楽しすぎるくらい楽しい。

 

別に乗らなくても生きていける、生活に不必要な乗り物は、やはり楽しくなくては乗る意味がない。

  

冬は違う乗り物に

2020年の11月、ハーレーを高く売れるチャンスがあったので、迷わず売ってしまった。

 

真冬は寒くて、2年目の冬は、バイク自体にあまり乗らなくなってしまった。

 

外気温10度以下は、さすがにバイクに乗ろうとは思えない。

 

そうなると、家に乗らないバイクが2台もあったところで、ローンと保険料の支払と、駐輪場台の支払いをしているだけだ。

 

また、駐輪場のバイクは、乗らなくても日々、ホコリを被って汚れていくし、盗難や悪戯、バッテリーも心配だし…

 

と、ガレージがない私にとっては、あまり維持しているメリットがなくなってしまった。

 

もちろん、ガレージや、ハーレーを盆栽にできるくらいの経済力があれば、べつに売ることもなかったかもしれない。

 

しかし、暖かい時期は、たぶんブルターレばかり乗ってしまうし、寒い時期はバイクにはあまり乗りたくないとなると、もはやハーレーを持っていることにそれほど意味はない。

 

そのため、ハーレーを売ることに対して抵抗はなかった。

 

また、「冬は違う乗り物に乗ろう!」と決めたという理由もある。

  

車も好きだったのだが…

40代半ばで大型自動二輪の免許をとった私だが、18歳で普通自動車の免許をとってから(正確には免許を取る前から)車は好きだった。

 

いまでは考えられないが、学生のときは、バイト先で知り合った怪しげな人から、車庫証明なしで、オンボロの車を買って、路上駐車で乗っていた。

 

駐車場代だけではなく、保険料すら払った記憶もない。

 

車は、たしか、MTでターボの「かっとびスターレット」だっように記憶している。

 

値段は、5万円くらいだったろうか…

 

卒業するときは、売ったのか返したのかも覚えていないのだが…

 

そして、卒業して就職してからは、国産のMT車に乗り続けた。

 

しかし、家族を持つころからは、世間一般の人たちと同様に、次第にAT車しか乗らなくなってしまった。

 

普通の女性はMT車の運転は嫌がるし、ファミリーカーをMTで乗っても意味がないし、MTのそもそも設定がない場合も多い。

 

ということで、AT車にしか乗らなくなってからは、車そのものに対する興味を失ってしまった。

 

私は音楽が好きなので、Bluetooth接続でカーオーディオから、iphoneの音楽が聴ければそれで満足という感じだった。

  

ハイブリッド車の普及

そうこうしているうちに、ハイブリッド車が登場し、一気に普及してしまった。

 

実際には、安くなる燃料代以上の価格が上乗せされているであろう、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車を、若者から高齢者まで、みんなが当たり前に乗るようになった。

 

東日本大震災直後、ガソリンスタンドに並ばないと、ガソリンが手に入らないという経験をした人は、「車はハイブリッド車じゃないとダメだな!」と強く思ったのかもしれない。(じつはその時は、私も少し思った)

 

ガソリンがなかなか手に入らなくて、電気も停電してしまったら、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車の有効性は高い。

 

しかし、そんな有事は、長くは続かない。

 

平時に戻れば、ガソリン車で十分だ。

 

みんな、燃費、燃費とうるさいが、実際には、どうせ、たいして距離を乗らないのだから、ガソリン代なんてたかが知れている。

 

多くの人にとっては、ハイブリッド車を買うだけ損だと思うし、環境に優しいと言っても、ハイブリッド車を作るまでに、より多くの環境を破壊しているのだから本末転倒だ。

 

など思っていたのだけど、「脱ガソリン車化」の流れは加速し続け、2030年〜2035年には、ガソリンの車販売が禁止されそうだ。

 

日本でも「2030年代半ばには、すべての新車をハイブリッド車(HV)か電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)にする方向で調整中」と報道されはじめた。

  

脱ガソリン車化

「脱ガソリン車化」の流れは、もう止まらない。

 

明らかに無駄である、Vツインエンジンが売りのハーレー・ダビッドソンですら、電動スポーツバイク「ライブワイヤー」をリリースしているくらいだ。

 

ガソリン車は、消えてなくなる運命なのは言うまでもなく、さらには自動運転技術が進めば、運転そのものが不要になってしまう。

 

そうなると、運転免許すら不要になる。

 

さらには、これからは、車を所有する必要も、駐車場を確保する必要もなくなる。

 

ライドシェアで十分なのだ。

 

そして、まもなく車は空を飛ぶ。

 

人がステアリングを握り、クラッチとアクセルとブレーキを操作して、路面の上を操るような車は、滅びゆくことは、ほぼ確実だ。

  

消えゆくMT車

車が人が操る乗り物でなくなり、ライドシェアで、自動運転で、クリーンエネルギーで、空を飛ぶようになる時代は、すぐそこまで来ている。

 

実際には、すでに、自動運転よりも、人間が運転するほうが危ないというくらい、技術は進んでいるらしい。

 

そんな時代の流れを考えれば、当然、MT車なんて真っ先に消えていくだろう。

 

高齢者のなかには、「AT車が怖い!」と、ディーラーなどで、MTの代車を要求する人もいると聞くが、危ないので、いっそのこと免許証を返納したほうがいいのではないかと思う。

 

ATは怖くも、難しくもないはずだ。

 

少し前までまで高校生だった、免許取り立ての女の子でも運転できるほど易しい。

 

しかし、そのような世代の人たちも、次第にこの世を去っていなくなるだろうから、ますますMT車の需要はなくなっていく。

 

実際に、いまでもMT車なんて、ほとんど、お目にかからなくなってしまった。

  

冬も快適な乗り物

さて、はじめのほうで、「冬は違う乗り物に乗ろうと決めた」と書いたが、話の流れからすると、それは車で間違いない。

 

いくら寒くても、車に乗ってしまえば一安心。

 

冬用タイヤさえ履いていれば、たとえ雪が降ったって大丈夫だ。

 

バイクと違って、車の場合は、暖房やシートヒーターをつければ温かいし、太陽が出ていればビニールハウスのなかにいるようなものだから、冬でも暑くなることすらある。

 

また、車なら、熱いコーヒーを飲みながら運転することだってできる。

 

バイクに乗って改めて気がついたが、車は、バイクとは比較にならないくらい快適なのだ。

 

ならば、真冬は震えながらバイクに乗るよりも、車を楽しんだほうがいいのではないか。

 

もちろん、楽しむためには、快適だけのAT車ではダメだ。

 

地方に暮らす人にとって車は必需品なので、私も車を持っていなかったことはなく、ずっと乗ってきたが、最近、車を楽しいと感じたことはない。

 

バイクと比べてしまえば、車のほうがつまらないが、それにしても、最近の多くの国産車は、刺激が少なく、快適すぎてアクビなしでは運転できない。

  

おわりに

バイクの免許をとってからは、バイクのことばかり考えていたので、ぶつけてしまったときくらいしか気にしていなかった車も、気づけば車検が切れることが判明した。

 

あと1年くらい残っていると思っていたが、ときの経つのは早いもので、買ってから5年になるようだ。

 

5年間で走行距離数が4万キロだから、ほんと乗っていない。

 

それでも、2回目の車検を受けなければいけないし、18インチのタイヤもそろそろ交換が必要だ。

 

乗り換えるには、ちょうどいいタイミングだ。

 

ということで、ハーレーと車検が切れる車を売って、冬でも楽しめる新しいクルマを買おうと決めたというわけだ。

 

ブルターレと楽しいクルマがあれば、年間を通して、ツーリングやワインディングを楽しめる。

 

我ながら、グッドアイデアだと思う。

 

少し長くなったので、どんな車を選んだのかについては、次回にすことにする。

 

脱炭素化・脱ガソリン車が進む中で私が選んだ車とは⁉

  

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました