ウイルスとワクチンとトム・クルーズ【ミッション:インポッシブル2(M:I-2)】

   
MI-2 TRIUMPH
この記事は約3分で読めます。

2020年3月、新型コロナウイルス騒動で、世界中が騒然となっているが、「ウイルス」というと、どうしても、この映画を思い出してしまう。

 

トム・クルーズの代表作でもある『ミッション・インポッシブル』シリーズの第2作目である、『ミッション:インポッシブル2』(原題:Mission: Impossible2 M:I-2)である。

 

英雄が英雄たるためには、その敵となる存在が必要不可欠だ。

悪役がな。

そこで、私たちは我らの英雄ベレロフォンのために、怪物を造り上げた。

「キメラ」だ。

出典:映画 ミッション:インポッシブル2

   

映画 ミッション:インポッシブル

トム・クルーズ主演の映画『ミッション:インポッシブル』は、アメリカの人気テレビドラマシリーズ『スパイ大作戦』(原題:Mission:Impossible)の映画化作品として制作された。

 

トム・クルーズのスタントマンを使わない、派手なアクションと精妙なストーリー構成により、人気のシリーズはとなっている。

 

トム・クルーズの、バイクアクションも見どころだ。

 

なお、2作目以降ができたことにより、『ミッション:インポッシブル』は、『M:I』という呼び方が定着していくことになる。

ミッション:インポッシブル2(M:I-2)

『ミッション:インポッシブル2(M:I-2)』のあらすじというか、導入部分は、以下のとおりだ。

 

バイオサイト製薬会社の研究員である ネコルヴィッチ博士は、自身が開発した感染すれば20時間で治癒不可能となり死亡するキメラウイルス (Chimera)と、その治療薬であるベレロフォンを、イーサン・ハント護衛のもとシドニーからアトランタへ旅客機で輸送するはずであったが、イーサンの替え玉であったIMFメンバーのショーン・アンブローズに殺害され、キメラとベレロフォンを強奪されてしまう。
これに対しIMF本部は、イーサン・ハントを中心にチームを組み、アンブローズの元恋人であるナイア・ホールを彼の元に潜入させ、目的を探ることになる。

出典:Wikipedia

 

これは映画なので、トム・クルーズが任務を成し遂げることは、映画を観るまでもなく決まっている。

 

現実世界では、治療薬(ワクチン)なるものが出てきたときに、どのような状況になるのだろうか。

おわりに

『ミッション:インポッシブル』では、バイクアクションも見どころのひとつだ。

 

Speed Triple T509

映画 M:I-2

 

『ミッション:インポッシブル2(M:I-2)』では、2台のトライアンフによるバイクアクションから、ハイライトに向かっていく。

 

『ミッション:インポッシブル2(M:I-2)』の中で、トム・クルーズ(イーサン)が乗っていたバイクは、「スピードトリプルT509」だ。

 

スピードトリプルT509

スピードトリプルT509

 

対して悪役(アンブローズ)が乗っていたバイクは、「デイトナT595」だ。

 

 

デイトナT595

デイトナT595

 

バイクアクションを言葉で説明しても仕方がないので、まだ見ていない人は、ご覧になってみてはいかがだろうか。

 

ちなみに、「スピードトリプル」は、この頃のデザインのほうが、個人的には、かっこいいと思う。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました