ハーレー納車&公道デビュー!【HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック)】

   
TOURING
この記事は約3分で読めます。

先日、無事に大型自動二輪免許を取得することができた。

普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

 

そして、梅雨の合間を縫って、ようやく2018年モデルの「HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック) FLHC」を納車した。

 

長かったが、ようやく、この日を迎えることができた。

人生初のハーレー、そして、ドキドキの公道デビューである。

   

新車なのに…細かなキズ多数

天気の週間予報では、今日の日中くらいしか、雨が降らない日はなかったので、この日を逃さず納車をすることにした。

午前中、ディーラーへ行くと、納車前の洗車をしたいた。

 

これまでは、ホコリを被っていたので、よく分からなかったが、けっこう細かなキズがある。(やはり、黒はキズが目立つな。)

 

ダンボールに入っていた新品ではなく、しばらく展示されていたであろう、18年モデルの在庫車なので仕方がない。

 

それにしても、一応は「新車」なのに、少し残念だ。

初回点検のときに、研磨剤で、少し磨いてもらおうと思う。

公道デビュー!

納車前の説明や、手続きを済ませたら、いつでも乗れる状態だ。

しかし、いざ、またがってサイドスタンドを払ってみると、

重たくてヤバイ!(330Kg)

 

教習所を卒業してから、1週間、バイクには乗っていないので、

乗れる気がしない!

 

とにかく、乗るのが怖かった。

いかん、これでは、いつになっても乗れない!

と思っていると、ディーラーの社長が、一緒に走って先導してくれると言ってくれた。

 

「これは有り難い!」

と思い、さっさと用意をして、いざ、公道へ!

 

教習所のときもそうだったが、指導員(教官)から、

では、走ってみましょう!

と言われて、先に出発されると、とにかく着いていくしかない。

 

「どうしよう、乗れるかな?」

などと考えている暇はないのだ。

とにかく、置いていかれないように、必死で後を着いていく。

 

すると、なんということはない。

走り出してしまえば、教習車よりも、ぜんぜん乗りやすい。

しかも、ニーグリップも、ウィンカーも、目視を怠っても、怒られることもない。

 

安全確認については、しっかりと行ったほうが身のためだが、とりあえず、好きなように走っていいのだ。

おわりに

こうして、ついに、初ハーレー&公道デビューを果たしたわけだが、とうぜん、話は、これだけでは終わらない。

 

しかし、今日は、ディーラーの社長と走ったあとも、ディーラーで知り合ったハーレー仲間とプチツーリングに行き、さらに、その後も一人で走ってきたので、かなり疲れてしまった。

 

この続きは、次回以降にしようと思う。

 

最後に、初ハーレー&公道デビューの感想をひとことで言うと、

やはり、ハーレーは楽しい!

 

そして、「日焼けと立ちゴケには要注意!」といったところだ。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました