バイクは全身運動 は本当なのか⁉【ハーレーはそうでもないがブルターレは疲れる】

   
BRUTALE 800 ROSSO 2020 MV AGUSTA
この記事は約5分で読めます。

バイクに乗ることは全身運動である、と教習所で習ったような気がする。

 

バイクに乗ったことがなかったころは、バイクなんて乗っているだけなので、全身運動だなんて、とても思えなかった。

 

自分の足でペダルを漕ぐ自転車なら、経験的にも、いい全身運動になることは理解できる。

 

しかし、教習所へ通うようになると、1〜2時間の教習でも、かなり疲れたように思う。

 

だがそれは、バイクに慣れていないだけだったり、ムダに力が入っていたり、転倒させた教習車を起こしたりしたせいかと思っていた。(ほんとうにそう思っていた…)

 

実際のところ、バイクは、全身運動なのだろうか?

   

ハーレーは疲れない⁉

大型自動二輪の免許が取れ、ハーレーに乗るようになると、暑さで疲労困憊したことはあったが、全身運動をしたような疲れは、それほど感じなかったように思う。

 

もちろん、400km〜500kmなどのロングツーリングに行った日などは、それなりに疲れたし、首や腰が痛くなったりもした。

 

しかし、12時間かそれ以上も何かに乗っていれば、どんな乗り物でも疲れるだろう。

 

場合によっては、たとえ、運転せずに、ただ乗っているだけでも疲れると思う。

 

しかし、ブルターレに乗るようになってからは…

ブルターレは疲れる⁉

ブルターレを納車してから、まだ2ヶ月も経っていない。

 

始めてのネイキッドだったため、はじめのうちは、思うように操れず、おそらく余計な力も入っていたということもあって、けっこう疲れた。

 

しかし、慣れてくれば、ハーレーのときのように、それほど疲れなくなるだろうと思っていた。

 

しかし、どうも、慣れてきてからも、疲労度が減らない。

 

むしろ、疲労感は増しているように思う。

 

季節は春〜初夏なので、それほど暑くなく、山に行けば、逆に涼しいくらいなので、暑さによる疲労ではない。

 

もう少し慣れてくれば、疲れなくなるのだろうか?

   

ニースライダー

最近、コミネ(KOMINE)の取り付けベース付のバンクセンサー(ニースライダー)を買って、装着するようになった。

 

 

この商品は、「ベルトが短すぎて使えない」という意見も多いが、痩せ型の私には、むしろ緩いくらいだ。

 

そのため、歩いていると、簡単にスネの方にズリ落ちてしまう。

 

それでも、これがあることで、バンクさせる恐怖心を少なくすることができる。

 

はじめはきっと、擦った瞬間にビビると思うので、何かしらが付いていれば、それで十分だ。

バンクセンサー

ステップ裏のバンクセンサーとは違って、自分の膝であれば、一気に、ガツンと膝を擦るようなことはないと思う。

 

身体で感じるセンサーのほうが、絶対に敏感に反応できるはずだ。

 

私からすると、ステップ裏のバンクセンサーは、センサーとしては役に立たない。

 

ステップの裏に付いているバンクセンサーは、うまく寸止めができないので、当たった瞬間に跳ね返されるようで、とても怖い。

 

ブルターレのステップには、バンクセンサーは付いていないので、これは、あくまでもハーレーでの話だが…

   

乗馬の騎手

バンクセンサー(ニースライダー)を取り付けてブルターレで走るようになると、コーナーでは、けっこう、左右に体を動かすようになった。

 

もちろん、ハーレーでも全身を使っているのだろうが、ブルターレで峠を走っていると、あきらかに、全身運動をしているような気がする。

 

たとえば、コーナーでの切り返しや、大きなギャップを乗り越えるようなときには、腰を浮かせることもあるが、その姿勢は、あたかも、乗馬の騎手のような体勢だ。

 

乗馬はしたことがないが、あれは絶対に筋肉が必要だし、疲れると思う。

おわりに

やはり、SSやネイキットを積極的に操ろうとすると、全身を使うことになる。

 

もちろん、しっかりニーグリップをすれば、下半身も疲れる。

 

ハーレーの場合も、バランスを取ったり、風圧(G)に耐えた、ムダに大きく振動したりするので、多少は疲れるのだが、SSやネイキットのように、積極的にバイクを操るような運転は、普通はしない。

 

仮にしようとすると、簡単にステップを擦ってしまうし、重たくて止まらないので危ない。

 

そのため、どうしても、ハーレーでは、抑えて走ることになる。

 

ハーレーのようなアメリカンタイプのバイクに、のんびりと乗っているかぎりは、とくに全身運動をしているような感覚はない。

 

しかし、ブルターレのようなネイキットで峠を走っていると、やはり、「バイクは全身運動」だと実感するようになった。

 

最後に、誰しも疲れてくると、集中力が薄れたり、油断したりする傾向にある。

 

そのため、立ちゴケなどもしやすくなるようなので、こまめな休憩や、水分や糖分などの補給も忘れないようにしたい。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました