ヘルメットのステッカーチューン【デカールのほうがオススメ!】

   
アクラポビッチ ステッカー HELMET
この記事は約4分で読めます。

もともとハーレー乗りだった私も、途中から、フルフェイスのヘルメットをかぶるようになった。

 

ある時、インカムをつけたいと思ったのだが、音のいいCARDO(カルド)のインカムをつけるにあたっては、やはりフルフェイスヘルメットだろう、ということになった。

 

 

ヘルメットは、あれこれ悩んだ末に、SHOEIのZ-7(艶ありブラック)を購入した。

 

その後は、Z-7しかかぶっていないのだが、2回ほど立ちゴケをしてしまい、ヘルメットにキズが…

   

フルフェイスヘルメット

免許取り立ての、昨年の夏は、ハーフヘルメット(半キャップ・半メット)をかぶって、ハーレーに乗っていた。

 

まぁ、いま思えば、恐ろしいことだ。

 

少し涼しくなってくると、耳周りがスースーして寒くなったので、ジェットヘルメットをかぶるようになった。

 

しかし、もちろん、それでは寒くて、冬は越せない。

 

そこで、ネックウォーマーやフルフェイスキャップ、ゴーグルなどの装備で、冬の寒さをしのいだ。

 

いまのして思えば、なんで、秋の段階で、フルフェイスヘルメットを買わなかったのかと、ほんとうに後悔している。

 

それほど、フルフェイスヘルメットは快適だ。

 

もちろん、夏は暑いし、Face IDが使えなかったり、飲み物が飲めなかったり、鼻がかめなかったり、下が見えなかったり…など、不都合なことも多いのが…

   

立ちゴケでキズが…

CARDO(カルド)のインカムを取り付けたZ-7は、軽くて締め付けも少ないので、とても気に入って使っている。

 

また、ソリッドのブラックなので、ハーレーとブルターレのどちらでも使える。

 

しかし、あろことか、ブルターレとハーレーで、立て続けに、立ちゴケをしてしまった。

 

油断は禁物だ。

 

もちろん、バイクにも被害はあったが、それに加えて、2回とも、転んだ拍子に、頭(ヘルメット)をアスファルトにぶつけてしまい、キズができてしまった。

 

ということで、ステッカーチューンの開始。

 

ステッカーチューン開始

キズ隠しと同時に、せっかくなら、かっこよくしたいと思い、いろいろと、いいステッカーを探している。

 

まずは、後頭部のキズには、MDFのリムステッカーのオマケみたいなもので隠し、その上には、以前から気になっていた「ヤモリ」のステッカーを貼ってみた。

 

ヤモリ ステッカー

 

シルバーの「ヤモリ」は、とてもいい感じだ。

 

 

また、側面のキズには、「アルパインスターズ」のステッカーを貼ってみた。

 

アクラポビッチ ステッカー

 

こちらは、貼り方が下手くそで、キズが完全に隠れなかったが、貼ってしまったので仕方がない。

 

 

イタリアントリコローレのステッカー(デカール)は、キズとは関係ない。

 

 

今後も、キズとは関係なく、気に入ったステッカーを、少しずつ貼っていこうと思う。

おわりに

ということで、ヘルメットのステッカーチューンを開始したのだが、意外と楽しい。

 

ただ、あるステッカーを無理やり貼るようなことはしないでいる。

 

やはり「これだ!」と思えるステッカーを見つけて、貼っていきたい。

 

ただのステッカーよりも、デカール(転写タイプ)のほうが、かっこいいことも分かった。

 

もちろん、屋外で使用するものなので、耐水、UVカット仕様にしないと、耐久性に問題があるだろう。

 

最後に、なによりも、貼る場所を指定してしまうことになるので、立ちゴケには、十分に注意したい。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました