ハーレーのインジェクションチューニングはオーバーヒート対策としても有効?

   
HARLEY DAVIDSON EFI TUNING
この記事は約5分で読めます。

2007年より、ハーレーのすべてのニューモデルが、インジェクション仕様になった。

 

それにより、それまで機械式で行っていた、燃料の供給量や点火のタイミングの調整などは、すべてコンピューターで行うようになった。

 

その結果、キャブ車のように、乗り手が調整することが難しくなった。

そこで、「インジェクションチューニング」というものを、ディーラーやカスタムショップで行うことになるのだが、これが意外とお金がかかる。

 

「インジェクションチューニング」は、本当に必要なのだろうか?

   

日本仕様にデチューン

ハーレーを手に入れたのはいいが、

「自分が思い描いていたハーレーとは違うぞ!」

と感じる人も多いという。

何を隠そう、私もそのひとりだ。

 

日本で市販されている日本仕様のハーレーは、日本の規制をクリアするための基準で設定されたコンピューターセッティングになっている。

日本仕様にデチューンされているといえば、わかりやすいだろうか。

 

このデチューンされたセッティングデータを、本来のベストなデータに書き替えてあげれば、本来のハーレーの性能が取り戻せる。

 

そのような目的で、コンピューターのデータを書き換えることを「インジェクションチューニング」と呼んでいる。

マフラー交換

とはいえ、ノーマルのマフラー(サイレンサー)では、あまりにも大人しすぎるので、インジェクションチューニングだけでは、やはり、「自分が思い描いていたハーレーとは違うぞ!」という感覚は払拭できないかもいしれない。

 

そこで、ハーレーを買ったら、マフラーのサイレンサーだけでも交換する人が多い。

それで満足することができればいいのだが、だいたいエアクリーナーもセットで交換したくなるのが、人情というものだ。

 

そして、マフラーとエアクリーナー(給排気系)を交換したら、できるだけ「インジェクションチューニング」をしたほうがいいだろう。

 

なぜなら、マフラーやエアクリーナーが純正のドノーマル状態のハーレーでも、インジェクションチューニグは行ったほうがいいと思われるからだ。

   

ノーマルのハーレーでは?

なぜ、マフラーもエアクリーナーも交換する予定がなく、ノーマル状態でハーレーに乗る場合でも、「インジェクションチューニング」は必要なのだろうか?

 

日本仕様のハーレーのコンピューターは、初期設定では、日本国内のさまざまな規制に対応するために、燃料噴出量が薄めに制限されている。(年代によっても微妙に違う)

そのため、エンジンが熱を持ちやすく、出だしも、もたつきやすい。

 

吸排気系のカスタムの予定がない場合でも、できることなら、慣らし運転が終わった段階で、「インジェクションチューニング」をしたほうがよさそうだ。

 

そのほうが、エンジンのためには良さそうだ。

マフラーやエアクリーナーを交換したら

マフラーやエアクリーナーを交換したら、「インジェクションチューニング」は、まず、行ったほうがいいだろう。

 

日本仕様のハーレーの場合、マフラーやエアクリーナーを交換すると、ノーマルのセッティングでも薄めに設定されている燃料の噴射量が、さらに薄くなる。

 

それが原因で、アフターファイアやノッキングなど、乗り味が極端に悪くなることもある。

さらには、オーバーヒートの原因にもなりうる。

 

そして、それらは、エンジンにとって、望ましい状態とは言い難い。

 

高性能のマフラーやエアクリーナーの性能を、フルに発揮するために「インジェクションチューニング」を行うという意味もあるが、それよりも、まじは、エンジンを守るために「インジェクションチューニング」を行いたい。

 

もしも、マフラーやエアクリーナーのカスタムを考えているのなら、チューニングまでセットで予算を組まないと、お金がないから、チューニングは後回しということになり、エンジンに負担をかけ続けてしまうことになりかねないので、チューニングは計画的に行おう。

   

インジェクションチューニング

ハーレーの「インジェクションチューニング」を行うと、具体的には、どうなるのかをまとめると、大きく2つに分けることができる。

ポテンシャルを開放

・最大トルク、最高出力ともに向上する

・実用域でのパフォーマンスが大幅によくなる

・出だしのもたつきが改善される

・シフトダウンしなくても加速するようになる

・鼓動感や乗り心地などが、ハーレーらしくなる

エンジンに優しい

・エンジンへの負荷も軽減され、余計な熱を持たなくなる

・オーバーヒートにもなりにくく、エンジンが長持ちする

 

ということで、長く大切に乗りたい人ほど、早い段階で、やったほうがいいチューニングではないだろうか?

おわりに

「インジェクションチューニング」は、パワーアップのためのカスタムでもあるが、エンジンの熱上昇を抑え、オーバーヒートを緩和するために必要なチューニングでもある。

 

実際、出力(馬力)やトルクを求めるのなら、ハーレー以外の選択もあるだろう。

パワーや速さで、ハーレーを凌ぐバイクはたくさんある。

 

しかし、ハーレーにはハーレーにしかない魅力があるのだ。

ただ、日本仕様のノーマル状態のハーレーで、それらが封印されてしまっているとしたら、やはり開放したくなる。

 

そして、なによりもエンジンの熱対策として有効なのだとしたら、他の見た目だけのカスタムよりも先に「インジェクションチューニング」を行うべきではないだろうか?

 

ただし、「インジェクションチューニング」を行う場合は、設備が整っていて、なおかつ、ノウハウを持っているところで行ったほうが、圧倒的に後悔が少ないだろう。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました