トライアンフ ボンネビル ボバー ブラック に試乗して 限定車 Bobber TFC を予約…

   
Bobber TFC TRIUMPH
この記事は約7分で読めます。

ハーレーに乗りはじめて半年くらいだが、ここ最近は、トライアンフの「Bonneville Bobber」のことで頭がいっぱいだった。

 

トライアンフの「Bonneville Bobber Black(ボンネビル・ボバー・ブラック)」は、少し前から、気になっていて、以前、ディーラーで、試乗もさせてもらったことがある。

 

そして、「Bonneville Bobber」の限定車「Bobber TFC」の販売を2020年3月に控え、もしも買うなら、早急に予約をする必要があり、改めて、トライアンフのディーラーへ出向いた。

 

果たして、「Bonneville Bobber」の限定車「Bobber TFC」を予約したのか⁉

   

Bonneville Bobber Black 試乗

トライアンフのディーラーで、「Bonneville Bobber Black」に、改めて試乗させてもらった。

 

Bonneville Bobber Black

Bonneville Bobber Black

 

限定車「Bobber TFC」とは異なる部分も多いが、とりあえず、一番近い車種が「Bonneville Bobber Black」であることは間違いない。

 

「Bobber Black」が、気に入らなければ、いくら豪華なパーツが付いていようと、限定車の「Bobber TFC」を買っても後悔するだろう。

 

「Bobber Black」は、パラレルツインの心地よい振動と、ノーマルでも、うるさすぎず、大人しすぎずのマフラーサウンドが、じつに気持ちがいいバイクだ。

 

そして、「Bobber Black」の車重は、237.5kgとのことだが、320kgのハーレー(FLHC)から乗り換えると、かなり軽く感じる。

 

また、「Bobber Black」は、ハーレー以上に足付きもいいので、いきなり乗っても、まったく不安を感じないし、立ちゴケの心配もない。

 

もしも、ハーレー(FLHC)を持っていなければ、迷わず買ってしまいそうな、私好みのいいバイクだ。

   

限定車 Bobber TFC

車やバイクなどの乗り物は、やはり試乗してから買うべきだ。

 

だが、もしも、「Bonneville Bobber」の限定車「Bobber TFC」を買うなら、もたもたしてはいられない。

 

Triumph Bobber TFC

Bobber TFC

 

全世界限定750台の「Bobber TFC」を買うためには、乗る前に予約をする必要がある。

 

そして、今なら、まだ間に合う。

 

「Bobber Black」に試乗する前は、「Bobber TFC」を予約する気満々だった。

 

でも、結局、予約はしなかった。

 

その理由は…

これ1台では…

有り余るお金があり、ガレージなどに飾っておくなら、「Bobber TFC」は、絶対に「買い」だと思う。

 

「Bobber TFC」は、どこかに飾っておくか、気が向いたときだけ、都会のお洒落なカフェなどに乗り付けるような使い方が、似合っているように思う。

 

田舎のマンション住まいの私には、飾っておくところも、乗っていくところもなさそうだ。

 

「Bobber TFC」は、間違っても、500kmの日帰りロングツーリングなどには使えない。

 

また、豪華なパーツをまとってはいても、サーキット走行ができるような種類のバイクでもない。

 

お金に余裕があり、数あるバイクコレクションの中の1台ならいいが、「Bobber TFC」1台だけで、街乗りからロングツーリングまでこなす、というわけにはいかなそうだ。

 

一方、いまのハーレー(FLHC)は、1台でも十分にバイクライフを楽しめる。

 

ロングツーリングも余裕だし、少しくらいなら、峠も攻められる。

 

タンデムもできるし、積載量もある程度、確保できる。

 

ハーレー(FLHC)の他に、「Bobber TFC」も持てたらいいかもしれないが、どちらか1台を選ぶとしたら、間違いなくハーレー(FLHC)だと感じ、今回は「Bobber TFC」を予約することを思いとどまった。

   

セパハン

「Bobber TFC」は、セパハンなので、「Bobber Black」よりも、ポジションが前傾姿勢になる。

 

これは、アップハンドルが好みの、私向きではない気がする。

 

また、「Bobber TFC」の価格は、「Bobber Black」に、およそ60万円プラスだ。

 

どうしても、トライアンフの「Bonneville Bobber」が欲しくなったら、「Bobber TFC」よりも60万円安い、通常の「Bobber Black」でもいいのではないかとも思った。

マットジェットブラック

実際に、艶ありのハーレー(FLHC)に乗ってみて、最近は、艶ありではなく、艶消しの黒(マットブラック)に魅力を感じるようになった。

 

そして、「Bobber TFC」は艶ありだということだった。

 

艶消しは、傷がついてしまうと消せないので、それはそれで大変らしいが、それさえ気をつければ、艶ありよりも、クールでかっこいい。

 

「Bobber Black」は、2017年〜2018年モデルには、マットジェットブラック(艶消し)の設定があったが、2019年モデル以降は、マットアイアンストーン(艶消し)に変わってしまった。

 

ちなみに、グロスジェットブラック(艶あり)は、ずっと設定があるので、いつでも新車が買える。

 

ただし、マットアイアンストーン(艶消し)のタンクを、マットジェットブラック(艶消し)のタンク(15万円ほど)に交換するという方法もあるらしいので、「Bobber Black」の新車が欲しい人は、検討してみてはいかがだろうか。

 

トライアンフ ボンネビル ボバー ブラック つや消し(マットジェットブラック)を新車で買う方法

   

おわりに

というわけで、今回、「Bobber TFC」の予約は、思いとどまった。

 

もしかしたら、全世界限定750台ということで、買っておいても、あとあと価値がでて、損はしない可能性もある。

 

そうなれば、一種の投資になるかもいしれない。

 

ただ、未来では、もっといいバイクが作られる可能性も高い。

 

たとえそれが電動バイクだとしても、それは時代の流れなので仕方がなく、そのときに「Bobber TFC」に価値があるのかは、今の私には予測ができない。

 

ということで、トライアンフの「Bonneville Bobber」を買うなら、「Bobber Black」で十分だと判断した。

 

2021年モデル以降、マットジェットブラックの「Bobber Black」が復活したら、また購入を考えようと思う。

 

そして、ここだけの話だが、

私がいま乗っているハーレー(FLHC・2018年モデル)のほうが、「Bonneville Bobber Black」よりも、圧倒的に乗りやすくて、速くて、実用的だ

 

そして、ハーレー(FLHC)のほうが、スピードを出しても、不思議と怖くない。

 

おそらく、低重心で、安定性が高いからだと思う。

 

また、ブレーキも、ブレンボのダブルディスクが備わっった「Bobber Black」よりも、シングルディスクのハーレー(FLHC)の方が、効きがいいように思う。

 

さらに、ハーレー(FLHC)では、必要なときにニーグリップができるが、「Bobber Black」は、タンクが、えぐられているので、内股でなんとかニーグリップできないこともないが、かなり不自然でやりづらい。

 

いま、ハーレー(FLHC)を売って、「Bobber TFC」や「Bonneville Bobber Black」を買うのは正しい選択ではないと思い、「Bobber TFC」は、いちど諦めることにした。

 

ただ、「Bonneville Bobber Black」は、やはり、欲しいと思うので、もっともっと、たくさんお金を稼いで、増車しようと思う。

   

コメント

  1. トムクル より:

    初めまして、ボバーTFC予約しました。。プログの感想その通りですね。一台だとかなりきつい気がします。バンク角も調べると38度しかないし。タンクも9リットルと小さいです。
    標準ボバー乗りましたが、なかなか軽快ですが、ブレーキの効きが甘かったですね。とてもこれではツーリング怖くて行けません。 またこの手のバイクはパーツ類がチープで。
    でもかっこいいですよね。 そういう意味では速いバイクじゃないけど、パワーに見合った足回りとデザインは最高な一台です。
    ネイキッドやスパースポーツの合間にちょっと気分転換の一台には最高だと思いました。
    このプログデザインいいですね。。 
     

    • HIRO HIRO より:

      トムクルさん、コメントありがとうございます!

      「ボバーTFC予約」素晴らしい!!

      何だかんだと、買わない理由をこじつけてしまいましたが、キャッシュに余裕があれば、私も予約していると思います。

      複数所有のなかの一台なら、問題ありませんね。

      「ボバーTFC」は、ディーラーに並ぶことはないと思いますので、機会があれば、ぜひ実物を見てみたいものです。

      3月が楽しみですね!

      • トムクル より:

        こんにちはー 

        今回バイク歴40年で初のアメリカンです。 いつもはイタリアのハイパワーのバイクに乗っているので、楽しめるのか、いささか不安があり、デザインに一目惚れして、最悪は盆栽として楽しむしかないと、逆に買う理由をこじつけての購入です。汗
        私は都内なので北関東も含め関東一円ツーリングエリアなので、ハーレではないですが、アメリカンのツーリング仲間いませんので、納車されて機会あったらツーリングで来たら幸いです。

        • HIRO HIRO より:

          トムクルさん

          バイク歴40年とは、恐れ入ります。。
          私は、2019年7月に免許を取得したばかりで、バイク歴6ヶ月の若輩ライダーですが、BobberTFCが納車になりましたら、ぜひ、ご一緒させて頂きたいと思いますので、よろしくお願いします!
          アメリカンも、きっと楽しいですよ!
          春が待ち遠しいですね。

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました