大型自動二輪免許 実技教習【初回編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Harley-Davidson MOTORCYCLE LICENSE
この記事は約5分で読めます。

免許取得よりも先に、ハーレーを買ってしまった私だが、いよいよ大型自動二輪免許を取るために、教習所へ通いだした。

 

先日は、入所(入校)申し込みと、適性検査(必須)だけを受けたので、いよいよ今回から、技能演習のスタートだ。

 

私のバイク経験は、ほぼゼロである。

およそ30年前に、友人のスクーター(AT)に、少しだけ乗った記憶が、かすかにあるだけだ。

⇒ 普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

   

国産750cc

いよいよ、技能教習、初日を迎えた。

乗ったバイクは、国産の排気量750ccだった。(NC750L)

車両重量は、230Kgくらいだと言っていたような気がする。

 

それでも、

大型バイクのなかでは、排気量は小さく、エンジンパワーもかなり小さいほう

だと教えられた。

 

私が、すでに購入してしまったハーレーの「ヘリテージ・クラッシック FLHC(107ci)」は、排気量1,745ccで、車両重量は330kgなので、そのことは知っていたが、とりあえず黙って聞いた。

 

とにかく、バイクについては何も知らないのだ。

 

知ったかぶりはしないで、いろいろと教えてもらおうと思う。

   

初回技能教習

まずはじめに、

 

・スタンド(サイド・センター)の使い方
・走行前点検の項目
・乗り降りの仕方
・ポジションのとり方
・エンジンのかけ方・切り方
・クラッチ操作
・アクセル操作
・ブレーキ操作
・ウインナカー操作
・曲がり方
・取り回し

 

などの基本操作を教えてもらった。

 

それで、いきなりバイクを渡されたのだが、いきなりバランスを崩し、200Kg以上の車体を支えきれなくて、倒してしまった。

 

教習車には、前後にガードが付いているので、倒しても、まったく問題ない。

 

むしろ、怪我をしないように、ヤバイと思ったら無理をせずに、バイクは倒して、自分は逃げるようにと教えられた。

 

自分のハーレーは倒したくない。

 

せっかくなので、教習車で倒しまくって、倒さないコツを掴んでおこうと思う。

 

基本的には、車両重量が何キロあろうと、車体が真っ直ぐになっていれば、バイクは倒れないし、重さも感じない。

 

どの程度まで傾けたら、支えきれなくなってしまうのか、ということを体験しておくことは、とてもいいことだ。

 

大型バイクは、車体重量があるので、意外と簡単に支えきれなくなる。

 

バイクから降りるときも、左足の置き場所を間違えると、簡単にバランスを崩して、倒してしまう。

 

私が、なんども倒したせいで、教習初日は、200Kg以上の車体を、なんども起こす練習をするはめになった。

 

ついでに、逆側にも倒して、起こす練習もした。

 

また、体重が60Kg以下の私には、センタースタンドをかけるのも、かなり大変だった。

 

私の全体重をかけただけでは、まったく動かない。(コツが分かっていないからだと思うが)

 

まぁ、自分のハーレー関係ないと思うので、そこは、気にしないことにした。

   

いきなり外周走行

バイクについて、一通りの基本的な操作方法を教えられたあと、

 

半クラッチで軽く発信

少し進む

クラッチを切ってブレーキで止まる

 

という、発進と停止の練習を少ししたあとは、いきなり外周を走った。

 

中型バイクなどに乗っていて、バイク操作に慣れているならまだしも、ここ数年は、車ですらオートマ車にしか乗っていない私は、いきなり

 

「では、ゆっくり外周を走ってみましょう!」

 

と言われて、正直、不安だった。

 

しかし、いざ、走ってみたら、ぎこちないながらも、なんとか走れたので安心した。

 

あとは、慣れの問題だ。

 

それほどコースが広いわけでもないので、ギアは、せいぜい3速までしか使わない。

 

750ccでも、けっこうパワーがあって、早いのだと知った。

   

おわりに

おそらく、何度も200Kg以上の車体起こす練習をしたり、センタースタンドのかけ方を練習したからだと思うが、2時間の実技教習を終えて、帰宅したときには、クタクタだった。

 

仕事帰りとは言え、バイクの実技教習で、これほどまでに、疲れるとは思っていなかった。

 

普通に乗るだけなら、余計な体力を使うことはないと思うので、そんなにクタクタになることはないと思うが、バイクを扱うのが初めてだったことと、200Kg以上の車体と何度も格闘したせいで、かなり疲れたと同時に、己の体力のなさを痛感した。

 

これを気に、少しは体を鍛えようと思った、初回の実技教習だった。

 

最後に、

春のバイク免許取得は、けっこう混んでいて、なかなか予約がとれない。

 

冬は寒いので、春になると、通う人が増えるようだ。

 

私は、仕事帰りに、毎日でも、通うつもりでいたのだが、次回の予約は、6日後にしかとれなかった。

 

もしも、可能であれば、合宿免許で、一気にとってしまった方が良さそうだ。

⇒ 普通二輪・大型二輪免許も合宿免許なら早くて安い!

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました