ハーレー乗りのシューズ選び【スニーカー・ブーツ・トレッキングシューズ】

APPAREL-GEAR
この記事は約6分で読めます。

バイクに乗るときに履くシューズは、なんでもいいというわけにはいかない。

 

バイクに乗るときの基本は、ライディングブーツだとは思うが、ハーレー乗りの場合は、ヘルメットもそうだが、一般のバイク乗りとは少し違う。

 

ハーレー乗りの場合は、エンジニアブーツやワークブーツ、または、スニーカーを履く人が多い。

 

今回は、ハーレー乗りのシューズ選びについて。

   

ハイカット

ハーレーに乗るときに、サンダルという人は、ほとんどいないと思う。

 

また、ブーツやスニーカーを履く場合でも、ローカットよりもハイカットを選びたい。

 

ハイカットのシューズは、くるぶしまで覆っているので、万が一のときの安全性が高い。

 

くるぶしは、骨が突き出ているので、保護しないと、万が一のときは、骨が削れてしまう危険性がある。

 

ときどき、くるぶし剥き出しで、バイクに乗っている人も見かけるが、ちょっと怖い。

 

たとえ、転倒しなくても、ハイカットのシューズなら、立ちゴケしそうになったときなど、踏ん張って、重たいハーレーを支えるときなどに、捻挫や骨折といったケガから、足首を保護してくれる。

 

登る山にもよるが、登山やトレッキングでも、同様の理由から、ハイカットが推奨される。

 

しかし、ハイカットシューズを履いていても、シューズヒモをしっかりと結んでいなければ、あまり意味がない。

 

さて、ローカットよりも、ハイカットのほうがいいことはいいことは分かったが、ハーレー乗りは、どんなシューズを履けばいいのだろうか。

   

スニーカー

「バイクに乗るのにスニーカーなんて…」

というバイク乗りもいるかもしれないが、ハーレー乗りには、そんな教科書通りの意見は、通用しない。

 

そもそも、半ヘル(ハーフヘルメット)で、高速を爆走してしまうような人に、

「危険だから、ライディングブーツを履こう!」

などといっても、履くわけがない。

 

私も、暑い時期は、ずっと半ヘルとハイカットのスニーカーでハーレーに乗っていた。

 

少し寒くなってきて、ようやく、ジェッペル(ジェットヘルメット)をかぶりだした。

ハーレーとジェットヘルメット(ジェッペル)とミリタリーテイスト

 

そして、シューズは、引き続きハイカットのスニーカーか、お洒落目的で、ミドル丈のレザーブーツを履くと思う。

 

最近では、ライディングスニーカーなるものも、バイク用品メーカーから発売されているようだ。

 

登山靴・トレッキングシューズ

ツーリング先で、軽く山に登ったり、トレッキングやキャンプなどをすることも、ときには、あるかもしれない。

 

私もときどき、登山用のトレッキングシューズを履いたまま、ハーレーに乗ることがある。

 

車で行く場合は、現地でトレッキングシューズに履き替えるが、バイク乗りがそんなことをしていたら、余計な荷物が増えすぎてしまう。

 

それに、ハイカットのトレッキングシューズは、バイクに乗るときに必要な強度を備えている。

 

また、トレッキングシューズには、GORE-TEX(ゴアテックス)などの、防水透湿性素材が使われていることが多く、機能的には申し分ない。

 

ワークブーツ・エンジニアブーツ

ハーレー乗りも、ブーツを履く。

しかし、ブーツといっても、バイクメーカー製のライディングブーツでない。

 

WESCO(ウェスコ)WHITE’S BOOTS(ホワイツブーツ)RED WING(レッドウイング)などといったブランドの、エンジニアブーツやワークブーツを履く人が多い。

 

WESCO(ウェスコ)やWHITE’S BOOTS(ホワイツブーツ)、BUCO(ブコ)やBIG TWIN(ビックツイン)などのエンジニアブーツは、価格が10万円以上と高価なので、買うなら、長く履き続けたいブーツだ。(飽きっぽい人には、もったいないかも)

 

RED WING(レッドウイング)も、けっして安くはないのだが、上記のブランドと比べると、比較的、買いやすい価格帯にあり、比べると、だいぶ安く感じる。

 

 

 

 

 

シフトガード・シフトパット

ハーレーの場合は、ソフテイルも含めて、ツーリング系は、フットボードにシーソーペダルという、フットコントロールなので、シューズのつま先を気にしたり、ガードしたりする必要がない。

 

しかし、シーソーペダルでない車種では、やはり、左足のつま先が気になる。

 

シューズによっては、スニーカーでもブーツでも、シフトガードやシフトパットがついている(主にバイクメーカー製)が、私は、それがあまり好きではない。

 

私の場合は、シーソーペダルなので、シフトガードは、いらないといえばいらないのだが、峠を早く走るときには、やはりフロントのペダルだけを使ったほうが、早い効率的だ。

 

スニーカーでは、気にせずシフトアップしてしまうが、レザーブーツの場合は、別売りのシフトガードがあったほうが、いいのかもしれない。

 

 

おわりに

シューズ選びは、ウェアやヘルメットなどとの、トータルコーディネートを考えたほうがいいだろう。

そうでないと、全体的にチグハグな印象になってしまう。

 

また、バイクに乗らないときにも履くことができるか、というのも個人的には重要だ。

なぜなら、ただでさえシューズが多いのに、ますますシューズが増えてしまうからだ。

 

そのため、スニーカーやブーツは、バイクメーカー製のものではなく、バイクに乗るときも、乗らないときも履けるものを選ぶようにしている。

   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました