バイクの試乗は面白い!【試乗には運転免許証と試乗誓約書へのサインが必要⁉】

   
motorcycle MOTORCYCLE
この記事は約4分で読めます。

最近は、ハーレー以外のバイクのことも気になり始めた。

 

今の世の中では、ネットを使えば、たいていの情報は、簡単に得ることができる。

 

便利な世の中になったものだ。

 

しかし、だからといって、ネットの情報だけで、そのバイクの良さが分かるかといえば、決して、そんなことはない。

   

ネット情報だけでは…

今や、メーカーの公式サイトのほかにも、ジャーナリストや個人が発信するブロクやレビュー記事でも、気になるバイクのスペック特徴などを知ることは容易い。

 

また、Youtubeなどの動画サイトでは、もっと多くの情報が得られるだろう。

 

しかし、実際に自分でそのバイクに跨って、実際に走らせてみなければ、そのバイクのことは分からない。

 

もちろん、自分にとって、合うか合わないかということも、実際に乗ってみなければ分からないのだ。

バイクを試乗しに行こう!

バイクは、スペックだけでは分からない。

 

「百聞は一見に如かず」ではないが、ネットを使って、どんなにたくさんの情報を調べようとも、いちど、実際に乗ってみることにはかなわない。

 

というわけで、気になるバイクがあるのなら、積極的に試乗をさせてもらいに行ってみよう。

 

自分のバイクに乗って、試乗に行く場合は、そのままの試乗することができるが、もしも車に乗って試乗に行く場合は、バイクに乗れる服装やシューズで行ったほうがいいことは、言うまでもない。

 

それ以外の装備に関しては、試乗用のヘルメットやグローブなどが、用意されていることも多いとは思うが、もしも持っているのなら、自分のヘルメットやグローブ、アイウェアなどを、持っていくほうがいいだろう。

 

車なら、とくに荷物にはならないはずだ。

 

バイクを試乗する際のメーカー対応の違い【カワサキの試乗には要注意!】

   

試乗誓約書⁉

いちども行ったことのないブランドの、ショップやディーラーへ始めて行くときは、少し不安な気持ちになるかもしれない。

 

しかし、たいていのショップやディーラーは、親切に対応してくれて、試乗車があるバイクに関しては、初めての来店であっても、積極的に試乗を勧てくることが多い。

 

もちろん、運転免許証のコピーを取られたり、何かあった際の免責事項などが記された、誓約書にサインする必要もある。

 

たとえば、誓約書の中に、

 

施設、備品、車両等に損害を与えた場合は、その修復に要した費用を全額支払うことに同意します。

 

などと書かれている場合も多いが、それを見て、少しビビってしまうかもしれない。

 

しかし、そもそも、「事故るかもしれない…」という気持ちで、バイクに乗っているのなら、乗らないほうが身のためだと思う。

 

事故らない運転を心がけることは大切だが、それ以上は、自分にはコントロールできない。

 

人生、何が起こるか分からないが、いちいち不安になっていたら、何もできやしない。

 

どうしても事故が心配なら、バイクになんて乗らないことだ。

おわりに

最近は、トライアンフやBMWなど、ハーレー以外のバイクディーラーへ行って、気になったバイクに試乗させてもらっている。

 

今後は、ドゥカティやカワサキなどへも、行ってみようと思っている。

 

じつを言うと、大型自動二輪の免許を取り立てのころは、けっこう不安で、自分のハーレー以外のバイクに乗ろうという気にはなれなかった。

 

「試乗車など、自分以外のバイクに乗って、立ちごけや事故を起こしたらどうしよう…」

という気持ちがあったからだと思う。

 

しかし、半年もバイクに乗っていれば、少しずつ自信がついてくるものだ。

 

もちろん、SSなどを、いきなり上手く乗りこなすことはできないが、普通に試乗コースを走ってくるくらいは問題ない。

 

先日も、BMWの「S 1000 RR」や「R 1250 R」など、ハーレーとはまったく違うバイクに試乗させてもらったのだが、なんとか運転できるものだ。

 

そして、実際に試乗してみると、かなり楽しい。

 

また、いろいろな種類のバイクに乗ってみることで、それぞれのバイクの違いが分かってきて、とても面白い。

 

さらに、ほかのバイクに乗ってみてみることで、自分の乗っているバイク(ハーレー)の良さに、改めて気づくこともある。

 

これは、海外に行くことで、日本にいるときには気が付かなかった、日本の良さが分かるという感覚に似ている。

 

バイクに何を求めるのかにもよるが、やはり、ハーレーも、いいバイクだ。

 

しかし、ほかのブランドの高性能なバイクの価格を知ると、どうしても、こう思わずにはいられない。

 

なんで、ハーレーは、こんなにも、高いんだ!!

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました