CUSTOMIZE

ハーレー・ダビッドソン Battle of the Kings(バトル・オブ・ザ・キングス)2019【BOTK 2019】

今や、世界的なカスタムコンテストとなった、ハーレー・ダビッドソンの「Battle of the Kings(バトル・オブ・ザ・キングス)」。 略して「BOTK」。 毎年、世界各国の国内大会を勝ち抜いてきた、ファイナリスト...
APPAREL-GEAR

WORKMAN(ワークマン)アノラックパーカーのサイズ選び!

最近、WORKMAN(ワークマン)の売上が、かなり好調らしい。 もちろん、私の住む田舎には、「WORKMAN Plus(ワークマンプラス) 」なんて洒落た店はないので、私は、ときどき、普通のWORKMAN(ワークマン)へ行って...
PARTS-GEAR

ハーレーにデタッチャブル ドッキングハードウェア キットを取り付けてみた!

ヘリテージクラッシックについている、純正のサドルバッグを外すと、ボルトが入っていた穴が、左右で4つ残る。 その穴は、何かしらのボルトで埋めなければならない。 ちょうどいい太さと長さのボルトがあれば、それを使えばいいのだが...
PARTS-GEAR

ハーレーにサドルバッグガード(サドルバッグステー・サドルバッグサポート)は必要!

私のハーレーは、「ヘリテージクラッシック(FLHC 2018年モデル)」なのだが、純正のサドルバッグを外してある。 しかし、サドルバッグなしでツーリングに行くのは、かなり不便だ。 ⇒ ハーレーにサドルバッグがないと不便だ! ...
PARTS-GEAR

ハーレーにはインチ工具が必要!【必要な工具から揃えよう!】

ハーレーのカスタマイズは、ディーラーやショップに頼む場合が多いと思う。 しかし、ちょっとしたことくらいのことは、自分でやりたくなる。 というか、自分でやらなくてはいけない。 また、ハーレーは振動が大きいので...
HARLEY'S LIFE

40代の会社員が ハーレーを買うためには どうすればいい?

ハーレー・ダビッドソン社は、2019年の販売予想を下方修正した。 いまや、世界的にみても、メインターゲットである40代には、ハーレーなどの高級輸入バイクを買う余裕がなくなってきているという。 ふつうに考えて、日本...
PARTS-GEAR

JRP サマーレザーグローブ STM(パンチメッシュ)を使った感想

夏用のグローブとして、「JRP サマーレザーグローブ STM(パンチメッシュ)」を買ったことは、以前に紹介した。 ⇒ JRP サマーレザーグローブ STM(パンチメッシュ)【夏のグローブ選び】 しかし、それ以降、使った感...
HELMET

SHOEI の EX-ZERO を手に入れた! SHOEI 【パーソナル・フィッティング・システムでジャストフィット!】

今更だが、巷では、SHOEIのクラシックなオフロードスタイルヘルメット「EX-ZERO」が、大人気のようだ。 ヘルメットのサイズやカラーにもよるが、だいたい6ヶ月くらいは待たないと、手に入らない代物らしい。 人気色のなか...
TOURING

ハーレーで初めての すり抜け に挑戦!【バイク乗りの特権!】

7月に大型自動二輪免許を取得して、梅雨と猛暑しか体験してこなかったが、少しずつ、カラッとした気持ちの日も増えてきた。 何をするにも、いい季節だ。 そして、改めて、気候のいい時期のツーリングが、こんなにも気持ちがいいものだ...
TOURING

ハーレーで初めての高速道路走行に挑戦!(半ヘル・サングラス・Tシャツ)

ハーレーが納車されて、1ヶ月半、ようやくいい季節になってきた。 これまでは、梅雨や猛暑など、バイクに乗るには、ツラい環境だった。 それが、最近では、最高気温こそ30度前後と高いが、徐々に湿度が下がってきて、これまでの「じ...
タイトルとURLをコピーしました